石門心学脩正舎跡

マーカーは石門心学脩正舎跡碑です。

石門心学
[石門心学(せきもんしんがく)は、日本の江戸時代中期の思想家・石田梅岩(いしだばいがん・1685年 – 1744年)を開祖とする倫理学の一派で、平民のための平易で実践的な道徳教のことである。単に、心学ともいう。様々な宗教・思想の真理を材料にして、身近な例を使ってわかりやすく忠孝信義を説いた。当初は都市部を中心に広まり、江戸時代後期にかけて農村部や武士を含めて全国的に普及した。明治期に衰退したが、現代でも企業道徳の一環として学ばれている。
概要
徳川吉宗の時代、町人に道徳意識を与えることが急務とされ、石門心学がその任務に当たった。その思想は、神道儒教仏教の三教合一説を基盤としている。その実践道徳の根本は、天地の心に帰することによって、その心を獲得し、私心をなくして無心となり、を行うというものである。その最も尊重するところは、正直の徳であるとされる。
一般民衆への道話(どうわ)の講釈と心学者たちの修業(会輔)の場となったのが、心学講舎と呼ばれる施設である。明和2年(1765年)に手島堵庵(てじまとあん)が五楽舎を開いたのが最初である。最盛期には全国に180カ所以上の心学講舎があった。
講舎の流れを汲む心学明誠舎が明治以降も大阪市を中心に活動しているほか、企業の社会的責任(CSR)といった現代のビジネス倫理の先駆と捉える解説・研究書が刊行されている。
名前の由来
石田梅岩門下の手島堵庵が大成したことから当初「手島学」と呼ばれていたが、松平定信が手島の弟子・中沢道二(なかざわどうに)の道話を「心の学び」と言ったことから「心学」と呼ばれるようになった。しかし、陽明学でも「心学」という用語を使うことから混同を避けるために「石門心学」と呼ばれたが、いつしか略されて「心学」が一般的呼称になった。  (wikipedia・石門心学より)]

石門心学脩正舎(しゅうせいしゃ)跡
[手島堵庵によって開かれた脩正舎は,もともと五条通東洞院東入の地にありましたが,天明の大火(1788)などにより焼失してしまいました。
 その後,文政10(1827)年に柴田鳩翁(しばたきゅうおう)が創建地に復興し,孫の謙堂が明治44(1911)年に麩屋町通五条上るの地に移しました。脩正舎は,明倫舎や時習舎とともに心学講舎の総本山的存在でした。昭和40年代までは月1回の講話も行われていましたが,現在は石標のみとなっています。  (「石門心学 文化史19 せきもんしんがく 印刷用PDFファイル 【目次】 知る 石門 …

[脩正舎は手島堵庵(1718~86)が開いた心学講舎。はじめ東洞院松原にあったが,天明の大火(1788)などたびたびの災難により焼失,移転を繰り返した。心学者柴田鳩翁(1783~1839)は,五条東洞院に脩正舎を再興し,鳩翁の孫謙堂は,明治44(1911)年同舎をこの地に移した。この石標は謙堂が移築した脩正舎の跡を示すものである。
所在地 下京区麸屋町通五条上る東側
位置座標 北緯34度59分47.0秒/東経135度45分55.9秒(世界測地系)
建立年
建立者
寸 法 高140×幅19×奥行19cm
碑 文
[南]
石門心学脩正舎
[西]
石門心学脩正舎
調 査 2002年5月24日  (「SI040 石門心学脩正舎 – 京都市」より)]

石門心学脩正舎跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向に石門心学脩正舎跡碑があります。