福知山藩朽木家京屋敷跡

マーカーは福知山藩朽木家京屋敷跡です。

朽木綱張
[朽木 綱張(くつき つなはる/つなばり)は、文化13年(1816年)8月6日、近江国膳所藩本多康禎の次男として生まれる。丹波国福知山藩朽木家では5代藩主玄綱から6代綱貞への相続以来、代々玄綱の系統と綱貞の系統の間で両統迭立の形で順養子を重ねてきたが、11代朽木綱条が養嗣子としていた綱紀(10代綱方の実子)が早世した。代わって、綱方の次女(綱紀の姉妹)の婿として綱張が養子に迎えられた。天保5年(1834年)11月1日、11代将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下河内守に叙任する。後に近江守に改める。天保7年(1836年)7月29日、綱条の死去により家督を継いだ。
天保13年2月12日、大坂加番を命じられる。弘化3年(1846年)6月18日、奏者番に就任する。文久元年(1861年)5月26日、奏者番を辞任する。慶応元年(1865年)3月4日、再び奏者番に就任する。
藩財政難を再建するため、原井惣左衛門、市川儀右衛門らを登用したが、彼らは改革と称して百姓から重税を取り立てる悪政を布いた。このため、万延元年(1860年)8月に大規模な百姓一揆が起こり、両名は責任者として切腹となり、さらに綱張も奏者番を辞職に追い込まれた。
幕末期は佐幕派として摂津国の海防警備、禁門の変、第二次長州征討に参加したが、慶応3年(1867年)2月25日、中風が原因で福知山で死去した。享年52。
綱張は綱条の娘の婿の紘綱を養嗣子としていたが早世したため、実子(長男)の為綱が跡を継いだ。  (wikipedia・朽木綱張より)]

朽木為綱
[朽木 為綱(くつき もりつな)は、弘化2年(1845年)11月5日、12代藩主朽木綱張の長男として生まれる。父が初め養嗣子としていた紘綱(8代藩主朽木昌綱の三男米倉昌寿の五男)が早世したため嫡子となる。なお、為綱の最初の妻の恒子は、紘綱の妹である。文久元年(1861年)3月15日、14代将軍徳川家茂に拝謁する。文久2年12月16日、従五位下伊予守に叙任する。慶応2年(1867年)4月17日、綱張が死去したため家督を継いだ。
慶応3年(1867年)12月13日、藩士を京都を派遣し、幕命により旧京都所司代邸の警備にあたる。慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いでは旧江戸幕府軍に合流しようとしたものの、幕府軍が敗退したため引き返した。そして、西園寺公望率いる山陰道鎮撫使に降伏した。2月6日、為綱は上洛して恭順の姿勢を示した。新政府から北越出兵、丹波・丹後などの代官地・幕府領などの接収を命じられた。2月24日、藩士の一部と旧幕府側との連携の疑いをかけられて、謹慎する。
明治2年(1869年)6月20日、版籍奉還により福知山藩知事に任じられる。明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で免官となり、9月に東京に移った。明治5年(1872年)5月14日、養子の綱鑑に家督を譲って隠居した。その後、福知山に戻って士族の救済に努めた。明治11年(1878年)7月27日、綱鑑の隠居により再び家督を継いだ。留学中の綱鑑の結婚に反対し、隠居させて実家に戻したのである。その後は富教会を設立して士族の救済を本格的に努めたという。明治16年(1883年)4月26日に死去した。享年39。  (wikipedia・朽木為綱より)]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図中央右下・綾小路烏丸上ル西側に福知山と記述されています。)

カメラ位置は烏丸通/綾小路交差点で、カメラ北西方向が福知山藩朽木家京屋敷跡になると思われます。