秦家住宅

マーカーは秦家住宅です。

秦家住宅
[秦家は祇園祭太子山を出す町内にあり,江戸時代から薬屋を営んでいた。
主屋(おもや)は表の店舗部と奥の居住部を玄関部でつないだ表屋造(おもてやづく)り形式である。このうち店舗部と玄関部は昭和58年に本市有形文化財(建造物)に登録されたが,その後の調査で主屋居住部や土蔵の履歴が確認できたので,今回追加登録された。
主屋は明治2年(1869)頃に建てられた。その後明治35年に,1階床上部は改変され,2階も拡張された。現在,1階床上部は2列に室を配している。奥列に8畳のザシキと6畳のナカノマを設けているが,玄関から直接ザシキに行けるように,中廊下が配されている。
土蔵の建築年代は不明だが,材の古さから江戸時代後期の建築とみられる。昭和初年に敷地の南から曳家し,開口部も東面から南面に付け替えた。
当家住宅は,改造はあるものの,その経緯は概ね明らかである。既に登録されている主屋店舗部の外観は,階高を変えたり看板を作り付けたりして,変化に富む構成になっている。また,内部もミセやザシキなどの主要室は洗練された意匠である。敷地全体として,下京の伝統的商家のおもかげをよく残す住宅として貴重である。  (「新指定・登録文化財 第26回京都市指定文化財」より)]

秦家 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が秦家住宅です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*