芹根水碑

マーカーは芹根水碑です。

芹根水
[芹根水(せりねすい)は,堀川通木津屋橋下るの堀川沿いに湧いた水で京の七名水の一つ。堀川と同水位だったので,川水が入らないように書家松下烏石(1699~1779)が寄進した井筒で囲まれていたと伝えられる。茶人や文人をはじめ人々に親しまれたが,のち堀川の水が流れ込み用をなさなくなった。この石標は,烏石が宝暦年間(1751~64)に建てたものであるが,昭和57(1982)年の堀川暗渠工事の際に現在地に移された。『都名所図会』巻二に描かれ,京都の名所として知られた。  (「SI032 芹根水」より)]

都名所図会」・巻之二 平安城再刻 芹根水(「芹根の水」図会解釈お勧めサイト)、巻之二 平安城再刻 芹根水解説
芹根水(拡大図)

[月見橋(つきみはし)
堀川の南生酢屋橋よりひがしの山を見れば、信濃国更科郡鏡台山に似たりとて、世の人月見橋といひならはし侍る。芹根水は堀川生酢屋橋の南にあり。
融公千載の宅、今見る石泉の清しを、若し陸生をして品せしめば、南零応に名を競ふべし 寛雅公]

木津屋橋通(生酢屋橋通)
[この木津屋橋通は実は、平安京の塩小路にあたります。現在の塩小路通は八条坊門小路と呼ばれていました。通りの名が入れ替わった時期は定かではありませんが、個人的には豊臣秀吉による洛中改造が行われた天正年間が疑わしいかも。江戸時代にはすでに塩小路の名ではなく、現在の木津屋橋通の前身ともいえる生酢屋橋通と呼ばれていました(こちらの読みは、きずやばし)。  (「木津屋橋通の古い町並み」より)]

[木津屋橋通の名称は、名前は、堀川に架かっていた木津屋橋に由来するとも、その他のいわれがあるとも言う。  (wikipedia・木津屋橋通より)]

文房四神碑 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が芹根水碑です。

堀川
[堀川の本来の源流は北区船岡山東麓だが、現在この付近の水流は暗渠化されており、地表に水流は見られない。今出川通の南で地表に現れ、堀川通の東に沿って南下する。一条通一条戻り橋はこの区間にある。二条城前の押小路通から南は再び暗渠となり、西本願寺の東でわずかに地上に現れるほかは堀川通の地下を流れる。近鉄京都線上鳥羽口駅の西で開渠となり、すぐに鴨川と合流する。2009年3月に琵琶湖疏水の分流を通水するまで鴨川との合流直前を除きほとんど水は流れていなかった。  (wikipedia・堀川_(京都府)より)]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*