角屋(角屋もてなしの文化美術館)

マーカーは角屋です。

角屋(角屋もてなしの文化美術館)
[角屋(すみや)は、もと京都・島原花街の揚屋である。天正17年(1589年)、豊臣秀吉によって柳馬場二条に傾城町「柳町」が開かれ、初代徳右衛門が角屋の営業を始める。慶長7年(1602年)、柳町は突然の移転を強いられ、角屋も六条三筋町へ移転を余儀なくされた。更に寛永18年(1641年)、再度柳町は移転となり、角屋は二代目徳右衛門によって現在地の嶋原へ移された。尚、六条三筋町の所在地(新町五条下ル)は現在も角屋が所有している。明治5年(1872年)まで営業した後、お茶屋に編入された。昭和60年(1985年)まで「松の間」を宴会に使用。昭和27年(1952年)、島原が開かれて以来現存する唯一の揚屋の遺構として国の重要文化財に指定された(ただし「松の間」のみは大正末期、火事により焼失してしまい指定されていない)。平成元年(1989年)より1日30人限定で内部を公開していたが、更に平成10年(1998年)4月より「角屋もてなしの文化美術館」として開館された。平成19年(2007年)現在家名は十四代目に継承されており、当代が館長を勤めている。現在一般公開は1階部分のみ。損傷部分の保存を考え、2階座敷見学には事前予約が必要となっている。所蔵品は約1万1千点にのぼる。江戸時代中期には島原でも俳諧が盛んになり当時の角屋当主(七代目、俳名徳屋)は与謝蕪村を師として招いている。その蕪村がここに残した「紅白梅図」は国の重要文化財として当美術館に展示されている。 他、天明年間前後に制作された円山応挙石田幽汀などの襖絵も残っている。幕末には久坂玄瑞西郷隆盛などの勤王の志士が密議を交わしたり、豪商からの資金調達のために接待に使用されていた。また、新選組もここでの遊興を楽しんだ。特に芹沢鴨との関わり合いは深く、文久3年(1863年)6月ここで暴挙をはたらき、その際に出来た刀傷が今でも残っている。また、芹沢が殺害される直前にここで酒宴を開いている(角屋での暴挙)。
wikipedia-photo  (wikipedia・角屋より)]

長州藩士久坂玄瑞の密議の角屋
[角屋は旧島原の揚屋の一つ。長州藩久坂玄瑞(1840~64)は江戸遊学を終えて上洛すると,尊皇攘夷の急進派として朝廷工作など様々な運動を行った。この石標は,玄瑞が尊皇攘夷運動の密議を重ねた角屋を示すものである。
所在地 下京区西新屋敷揚屋町(角屋前)
位置座標 北緯34度59分32.9秒/東経135度44分35.9秒(世界測地系)
建立年 1984年
建立者 中川徳右衛門(角屋当主)
寸 法 高143×幅20×奥行20cm
碑 文
[東]
長州藩
久坂玄瑞の密議の角屋
志士
[南]
  久坂玄瑞は吉田松陰の義弟   松陰刑死後   塾徒を率い   尊攘に挺身
文久政変に山口へ七卿落ちを斡旋するも    元治元甲子年七月  蛤御門の
変に遭い   壮烈な死を遂げた   享年二十五   角屋は玄瑞が屡々暗殺
の難を避け   潜行密議した場所である
[西]
大正四年十一月建之 京都市教育会
[北]
昭和五十九甲子年七月再建
表題揮毫 京都府知事林田悠紀夫書

調 査 2002年2月13日
備 考 碑文によれば大正4年に京都市教育会が建立した原碑を再建したように見えるが,維新を語る会会報『鴨の流れ』11号(1988)に掲載する「教育会石碑について 寺井先生と島原角屋当主の対談より」などを参照して,1984年まったくあらたに建立したものだと判断した  (「SI020 長州藩士久坂玄瑞の密議の角屋 – 京都市」より)]

公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

角屋 – Google Map 画像リンク」、「角屋もてなしの文化美術館 – Google Map 画像リンク」、「久坂玄瑞の密議の角屋 – Google Map 画像リンク」、「新選組刀傷の角屋 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が角屋です。

カメラ南西方向に長州藩士久坂玄瑞の密議の角屋碑と駒札があります。

嶋原資料リンク
都名所図会」・巻之二 平安城再刻 嶋原 (島原)巻之二 平安城再刻  島原傾城町 (島原)
都林泉名勝図会」・巻之五 嶋原 (島原・一枚目)巻之五 嶋原 (島原・二枚目)巻之五 嶋原 (島原・三枚目)巻之五 嶋原 (島原・四枚目)(図会の解釈お勧めサイト)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*