輪違屋

マーカーは輪違屋です。

輪違屋
[輪違屋(わちがいや)とは、現在も営業されている京都の花街、嶋原置屋お茶屋である。創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる。置屋として創業当時の名は「養花楼」。お茶屋兼業は明治5年(1872年)より。現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった。かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり、また、宴席の場として営まれている。表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)。建物は昭和59年(1984年)に京都市の指定・登録文化財となった。太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」、本物の紅葉を使って型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である。いずれももともとは当主の部屋であった。
輪違屋・wikipedia-photo、輪違屋の太夫が日本舞踊をする・wikipedia-photo  (wikipedia・輪違屋より)]

都名所図会」・巻之二 平安城再刻 嶋原 (島原)巻之二 平安城再刻  島原傾城町 (島原)
都林泉名勝図会」・巻之五 嶋原 (島原・一枚目)巻之五 嶋原 (島原・二枚目)巻之五 嶋原 (島原・三枚目)巻之五 嶋原 (島原・四枚目)(図会の解釈お勧めサイト)

輪違屋 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が輪違屋です。