銭座場跡

マーカーは銭座場跡碑です。

銭座場跡
[銭座場は,この地よりやや南の東之町・西之町あたりにあった銅銭の製造所のこと。元禄11年(1698)に設置され,当初は6,400坪の広さで寛永通宝を製造していた。宝永2年(1705)に480坪拡張され,宝永4年からは宝永通宝を鋳造したが,宝永6年に停止され鋳造所としての歴史を閉じた。その後、享保16年(1731)から開発され,銭座跡村(銭座村)となった。この石標は,銭座場の跡を示すものである。  
所在地 下京区下之町(柳原銀行記念資料館前)
位置座標 北緯34度59分10.3秒/東経135度45分52.2秒(世界測地系)
建立年 1994年
建立者 崇仁地区の文化遺産を守る会
寸 法 高79×幅18×奥行18cm
碑 文
[東]
銭座場跡
[南]
平成六年拾月
崇仁地区の文化遺産を守る会
調 査 2006年9月20日  (「SI060 銭座場跡 – 京都市」より)]

銭座場跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向は柳原銀行記念資料館で、敷地内門を入って右の植え込みに銭座場跡碑があります。