長江家住宅

マーカーは長江家住宅です。

長江家住宅
[長江家は代々呉服の卸を営んできた。屋敷地には新町通に面して2棟の主屋が建ち,この後方に離れ座敷と化粧部屋,さらに土蔵2棟が並ぶ。 
 当家は文政5年(1822)に,現屋敷の北寄りの部分を取得して移り住んだ。現在の主屋北棟が建てられたのは慶応4年(1868)である。明治6年(1873)にはこの背面側の敷地を買い足し,明治8年に旧蔵が購入・移建された。さらに南寄りの敷地を買い足して,主屋南棟は明治40年に完成した。このとき離れ座敷も建てられ,新蔵も購入・移建された。その後,化粧部屋や浴室が大正4年(1915)に建築された。
 主屋北棟は,通り土間と居室をひとつの屋根で覆う通りにわ形式である。建物は2階建で,1階内部は改造されているが,当初は土間に沿って1列3室が並ぶ構成であった。主屋南棟は,表の店舗部と奥の居室部を玄関部でつないだ表屋造り形式である。居室部は2階建で,1・2階ともに2室が並ぶ。2棟の主屋は京町家の典型的な表構えをもち,1階には格子窓や大戸を備えて通り庇を付け,2階には土壁にむしこ窓を開く。
 離れ座敷は6畳の座敷と4畳半の次の間からなる。化粧部屋は天窓の付いた6畳室で,南側に浴室と脱衣室が付く。旧蔵と新蔵はいずれも他所から移築された,土蔵造,平入の2階建である。
 この住宅は,形式の異なる2棟の主屋をはじめとして,離れ座敷や土蔵などが一連でよく残っている。これらの建物は,幕末から大正期にかけて建てられたことが当家に数多く残る資料から確認できる。施主の建築日誌や図面などの資料がよく残されており,当時の住宅の普請工程を知る上でも貴重である。  (「新指定・登録文化財 第23回京都市指定文化財」より)]

長江家住宅 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が長江家住宅です。