電気鉄道事業発祥の地碑

マーカーは電気鉄道事業発祥の地碑です。

Google Earth で街並み散歩(日本編) – 琵琶湖疎水トップページへ

電気鉄道事業発祥の地碑
[日本最初の電気鉄道はこの地に発祥した。
即ち明治二十八年二月一日 京都電気鉄道 株式会社は 東洞院通七条下る鉄道踏切 南側から 伏見下油掛通りまで 六キロの間 に軌道を敷き 電車の運転を始めた。
この成功を機として 我が国電気鉄道事業 は漸次全国に広がり 今日の新幹線電車に まで発展することになったのである。
よってその八十周年にあたり 先人の偉業 を讃えてこの記念碑を建てる。
    昭和五十年二月一日  (「発祥の地コレクション/電気鉄道事業発祥の地」より)]

京都市電伏見線
[京都市電伏見線(ふしみせん)は、1895年(明治28年)に京都電気鉄道によって開業された日本初の路面電車。営業用の電車としても日本で最初である。琵琶湖疏水の開削に伴って建設された水力発電所の電力を利用した。平安遷都1100年祭記念事業の一環として建設され、大正7年に京都市に買収された。
京都市下京区塩小路通高倉から竹田街道を経由し、伏見区京阪電気鉄道中書島駅までを結んでいた。京都市買収後、軌間は狭軌1067mmから標準軌1435mmに拡張された。
毎年正月三が日には京都駅から日本有数の初詣客で賑わいをみせる伏見稲荷大社への参拝客を輸送し、平時には京都市街と伏見を結ぶ重要な路線であったが、1970年(昭和45年)に75年の歴史に幕を閉じた。
廃止の要因
伏見線はその併用軌道部が道路の東側に寄っていたことが廃止を早めた要素として挙げられている。すなわち、勧進橋以北では河川の暗渠化により中央を走るようになったがそれ以南は相変わらず東側を走っており、この部分で道路を遮るかたちとなったこと、さらにこの道路、竹田街道が国道24号でもあり自動車の交通量も多かったことなどを理由とするものである。  (wikipedia・京都市電伏見線より)]

電気鉄道事業発祥地 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向に碑があります。(京都市電伏見線の始発駅は一丁東側の塩小路高倉にありました。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*