文子天満宮

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    文子天満宮
    [文子天満宮(あやこてんまんぐう)は京都府京都市下京区にある神社(天満宮)。菅原道真と乳母多治比文子(たじひのあやこ)を祀る。天神信仰発祥の神社、上京区にある北野天満宮の前身と伝えられる。
    社伝によれば、大宰府福岡県)に左遷された道真は、延喜3年(903年)に59歳で没したが、没後、道真の乳母であった多治比文子は、「われを右近の馬場に祀れ」との道真の託宣を受けたという。しかし、文子は貧しく、社殿を建立することができず、右京七条二坊の自宅に小さなを建て、道真を祀ったといわれている。これが当社の起こりで、天神信仰発祥の神社、また北野天満宮の前身とも伝えられている。
    以後、天明安政元治の大火で類焼したが、その都度再建され、明治に至り、村社に列せられた。現在の社殿は、大正7年(1918年)に造営されたものである。毎年4月16日に近い第3日曜日に、例祭が執り行われる。
    入口の鳥居・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo、多治比文子の像・wikipedia-photo、文子殿・wikipedia-photo  (wikipedia・文子天満宮より)]

    文子天満宮ホームページ

    文子天満宮 – Google Map 画像リンク

    カメラ西方向が文子天満宮鳥居と神門です。

    カメラ西方向が文子天満宮拝殿で、カメラ北北西方向に多治比文子の像、カメラ北方向に左に老松社・福部社及び白太夫社、右に白瀧稲荷社、カメラ東方向に神門、カメラ南南東方向に手水舎、カメラ南西方向に文子殿があります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *