高瀬川船廻し場跡碑

マーカーは高瀬川船廻し場跡碑です。

高瀬川船廻し場跡
[豊臣秀吉が天下統一の後、その権勢を誇るものとして「天下泰平」祈願の寺・方広寺(大仏殿)を建立したとき、その資材(石材)を瀬戸内の島より諸大名に命じて、伏見の港から京へ搬入するために、天正14年(1586)、当時の豪商・角倉了以に命じて、御土居の外に沿って掘らせ、慶長19年(1614)、現・一之舟入(二条)から伏見まで息子素庵と共に開通させた水路(運河)が高瀬川である。
その後、この高瀬川は、京に米・材木・薪炭・などの他、日常雑貨なども運び込む大切な通路として、大正9年(1920)まで使われていた。
当時使われていた高瀬舟「舟兵」は、水深の浅い川に合わせた船底の浅い平らな舟で急流を荷を積んで乗り切れるように「高背」即ち舟べりが高くつくられていた。このような舟で5、6隻一度に14、5人の船頭たちが両岸に作られた普通の道より一段低くなった綱場を、ホーイ、ホーイと掛け声をかけながら背に架けた綱でひいて上がってきた。
当時この辺りの川幅は、9メートル余りあり、岸は砂浜のようになっており船廻し場となっていた。また、ひと・まち交流館東南角の菊浜区民会館当りに回漕店があり、ここから上流六条坊門(五条)にかけての舟繋ぎ場には、いつも何艘かの高瀬舟が繋がれていたと言われる。
五条-七条間に架かる橋は、人が橋の下を綱を引いて通れるように門樋橋(榎木橋)・七条小橋などみな高くしてあり、六軒橋・上の口橋は階段式(十段ほどの石段)と成っていたため、人は渡れても車は渡れなかったし、正面橋は橋までが急な上り坂に成っていたため、材木などを積んだ車などは、両側から綱をつけてまだ後ろから人が押してわたっていたとの事である。
尚、この川に因んだものとして木屋町通り・(大仏)正面通り・梅湊町・富浜町・納屋町・材木町などの通り名や町名があり、当時正面通り木屋町東には米の取引所が有り、その「米浜」と言う名が郵便局名として残されている。
菊浜高瀬川保勝会・京都市  (「高瀬川 船廻し場 高瀬川を静かに味わうなら このあたりです – アートプラス 」より)]

カメラ東北東方向が高瀬川船廻し場跡碑です。