みそそぎ川/高瀬川

マーカーはみそそぎ川/高瀬川の分流点です。

みそそぎ川/高瀬川
[高瀬川は、二条大橋の南で鴨川西岸を併走する「みそそぎ川」(鴨川の分流)から取水する。  (wikipedia・高瀬川_(京都府)より)]

[みそそぎ川の取水口は東一条通付近にある鴨川の堰の横に位置します。取水されたみそそぎ川はしばらく鴨川の河川敷の下を流れた後、丸太町通を過ぎたあたりで姿を現します。  (「みそそぎ川(取水口~高瀬川分岐点)」より)]

[江戸時代はじめの高瀬川は,二条大橋西畔から鴨川の水が引き入れられ,鴨川西岸を南流し,四条大橋の下流で鴨川と合流,五条大橋の南で分岐し九条通まで流れ,東九条で鴨川と交叉し伏見に至り,宇治川へ注ぐ,延長約10キロメートルの運河でした。17世紀末には鴨川と完全に分離されました。
現在の高瀬川は,昭和7(1932)年の改修工事により鴨川からの取り入れ口が暗渠(あんきょ)となっています。  (「都市史22 高瀬川 – 京都市」より)]

みそそぎ川/高瀬川の分流点東側のカメラで、高瀬川二条苑に流下する間、みそそぎ川と高瀬川は並行して流れます。

高瀬川二条苑流下口(「Google Map 画像」より。)

高瀬川二条苑流下口落差工(「Google Map 画像」より。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*