二条富小路内裏址

マーカーは二条富小路内裏址碑です。

二条富小路内裏址
[この地は,鎌倉中期西園寺実氏(1194~1269)の邸宅の一つ冷泉富小路殿が営まれ,閑院内裏焼失(1259)後,後深草天皇(1243~1304)の皇居となり,その後も上皇・天皇の御所として頻繁に使われた。徳治元(1306)年火災後再建されないままであったが,正和元(1312)年鎌倉幕府から造内裏費用が献上されて平安宮内裏の殿舎構成に准じた里内裏が建設された。これが二条富小路内裏で,のち20年にわたり花園(1297~1348)・後醍醐(1288~1339)・光厳(1313~64)天皇の内裏となった。しかし建武3(1336)年建武新政崩壊による戦乱で焼失した。この石標はその内裏の跡を示すものである。
所在地 中京区富小路通夷川下る西側(御所南小学校第二運動場前)
位置座標 北緯35度00分52.4秒/東経135度45分53.7秒(世界測地系)
建立年 1916年
建立者 京都市教育会
寸 法 高105×幅18×奥行18cm
碑 文
[東]
二条富小路内裏址
[南]
寄附者京都市立商業実修学校有志者
[西]
大正五年五月建之 京都市教育会
調 査 2010年11月21日
備 考 もと京都府中京庁舎前に立っていたが,同庁舎は解体され京都市立御所南小学校第二運動場用地となり,碑は工事中一時撤去されたが,2010年11月富小路通に沿った運動場竣工時に再度設置された/旧データはここ  (「NA067 二条富小路内裏址 – 京都市」より)]

カメラ北方向垣根端で金網支柱と電柱との間に二条富小路内裏址碑があります。