土佐藩藩邸跡の碑

マーカーは土佐藩藩邸跡の碑です。

土佐藩藩邸跡
[此付近土佐藩邸跡
高瀬川を渡った西側、河原町通に至る間の元立誠小学校の辺りには、江戸時代土佐藩(現在の高知県)の藩邸があった。当時は高瀬川に面しても門が開かれ、高瀬川には土佐橋が架かっていた。
藩邸が初めて置かれたのは江戸時代で、元禄3年(1690年)には、京都藩邸の守るべき法律が詳しく定められている。藩邸は藩の京都連絡事務所で、留守居役が詰め、町人の御用掛を指定して、各種の連絡事務に当たった。
土佐藩は、薩摩(現在の鹿児島県)、長州(現在の山口県)と並んで幕末政局の主導権を握った雄藩で、武市瑞山坂本龍馬中岡慎太郎後藤象二郎らの志士が活躍した。藩邸は、土佐藩の活躍の京都における根拠地であった。
なお、この西側に鎮座する土佐稲荷・岬神社は、もと藩邸に鎮守社として祀られたもので、同社に参詣する町人のために藩邸内の通り抜けが許されていた。  京都市  (「Google Map 画像リンク」より)]

[この地には江戸初期から明治4(1871)年まで土佐藩主山内家の藩邸があった。幕末期に藩主山内容堂(1827~72)は公武合体を目指したが,のちに勤王党が台頭した。八月十八日の政変以後は尊王攘夷を弾圧したが,坂本龍馬(1836~67)等の尽力で薩長同盟が成立し,後藤象二郎(1838~97)の進言を入れて大政奉還を建白するに至った。この石標は土佐藩邸の跡を示すものである。
所在地 中京区木屋町通蛸薬師西南角
位置座標 北緯35度00分22.8秒/東経135度46分13.6秒(世界測地系)
建立年 1968年
建立者 京都市
寸 法 高102×幅18×奥行18cm
碑 文
    [東]
    土佐藩邸跡
    [南]
    昭和四十三年十一月 京都市
調 査 2002年2月5日  (「NA083 土佐藩邸跡 – 京都市」より)]

[岬神社(土佐稲荷)
祭神は「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」と「石栄神(せきえいかみ)」の二柱(柱は神様を数える単位)、農耕、商売、土木、金工など諸業の繁栄、火難除けなどの災危除けにも後利益がある。
 社殿では、室町時代初期、鴨川の中州の岬(突端)に祠を建てたのが由来とされている。その後、祠は鴨川の西岸など数度遷され、江戸時代初期、この付近に建てられた土佐藩の京屋敷内に遷されることとなった。一般に「お稲荷さん」の愛称で親しまれる「倉稲魂命」を祀るため、「土佐稲荷」と呼ばれるようになる。
 以降、土佐藩士のみならず、先斗町・木屋町など周辺の町衆からも「産土神(うぶすなのかみ・地域土着の神)」として熱心な信仰を集め、わざわざ土佐藩邸内に、一般人が自由にお参りするための通路を確保したほどである。藩士たちの信仰も厚く、坂本龍馬(さかもと りょうま)や中岡慎太郎(なかおか しんたろう)らも詣でていたと考えられる。
その後,明治維新により土佐藩邸が売却されるとともに、神社も移転を余儀なくされ、その後幾多の変遷を経て現在地に鎮座、大正二年(一九一三)には近隣の氏子たちによって現在の社殿が建立された。
 氏子地域は、北が三条通、南は四条通、東は先斗町、西は新京極。例祭は六月十日、近年、氏子たちの力が結集された崇敬会が発足し、治十年(一八七七)から伝わる神輿も修復され、例祭に巡幸する。  京都市  (「Google Map 画像リンク」より)]

中井家絵図・書類 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」 – 「寛永後萬治前洛中絵図(出版年 1642)」(絵図下中央左方向・松平土佐守と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 文久改正新増細見京絵図大全」(文久3 [1863] – 絵図中央右・誓願寺右下に土佐ヤシキと描かれています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図中央右下方向・三条大橋と四条大橋の間、高瀬川左に土州と描かれています。)

[立誠学区は、京都を代表する繁華街としての賑わいと、木屋町沿いの高瀬川や桜・柳の並木、花街・先斗界隈に見られる風情ある景観が相まった、京都・都心部において個性豊かな多面性を持つ地域です。そのシンボル的存在である立誠小学校は、少子化と人口のドーナツ化現象により、1993年(平成4年)教育施設としての役目を終えた後、2005年(平成17年)より高倉小学校の第二グラウンドとして、また、祇園木屋町特別警察隊の拠点として現在は活用されています。  (「TOP|立誠まちづくり委員会 – 元・立誠小学校」より)]

土佐藩邸跡 – Google Map 画像リンク」「土佐稲荷 (岬神社) – Google Map 画像リンク

カメラ西方向に土佐藩藩邸跡碑及び駒札が設置されています。

カメラ北方向が土佐稲荷・岬神社です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*