平安京朱雀大路と朱雀門跡碑

マーカーは平安京朱雀大路と朱雀門跡碑です。

Google Earth で街並み散歩(日本編) – 平安京大内裏のトップページへ

平安京朱雀大路と朱雀門跡碑
[朱雀大路は,平安京のメインストリートで,朱雀門から南へ羅城門に至る。道幅は28丈(約84m)。朱雀門は,平安京大内裏外郭十二門の一つで,大内裏南面中央にあった正門。正面7間・奥行5間の二重閣。この石標は,朱雀大路と朱雀門の跡を示すものである。
所在地 中京区西ノ京栂尾町(JR二条駅東口)
位置座標 北緯35度00分39.7秒/東経135度44分31.0秒(世界測地系)
建立年 1980年
建立者 京都朱雀ライオンズクラブ
寸 法 高74×幅90×奥行31cm
碑 文
[西]
平安京朱雀大路と朱雀門
平安京大内裏の朱雀門跡は、ここから北へ約二〇〇メートル附近にあたる。正面七間、奥行五間の二重閣で雄壮華麗を誇る大内裏の正門であった。
平安京を左右に分けてはしる朱雀大路は、朱雀門から南へそのまま羅城門に通じている。道副二八丈(約八四メートル)を測るこの大路は、まさに平安京の中心として、都の住民を始め百官の官人や外国使節の往来が絶えることはなかった。
平安時代四〇〇年の歴史はこの朱雀大路を基軸として展開したといってよい。
昭和五十五年十月吉日建之
京都朱雀ライオンズクラブ
調 査 2002年8月13日  (「NA119 平安京朱雀大路と朱雀門 – 京都市」より)]

[朱雀門跡碑関連として、この位置から北方向に千本通東側に平安京大内裏朱雀門址碑があります。]

カメラ東北東方向が平安京朱雀大路と朱雀門跡碑です。