紀伊田辺藩安藤家京屋敷跡

マーカーは紀伊田辺藩安藤家京屋敷跡です。

安藤直裕
[安藤 直裕(あんどう なおひろ)は、江戸時代後期の紀伊国田辺藩16代・18代藩主。官位は従五位下・飛騨守。
14代藩主・安藤直則の次男として誕生。初名を直承とも名乗る。竹堂、墨堂と号する。
文政9年(1826年)5月25日、家督を継ぐ。天保6年(1835年)12月27日、従五位下・飛騨守に叙任する。紀州藩において藩主・徳川慶福(のちの将軍徳川家茂)や徳川茂承などの補佐を務めた。慶応2年(1866年)、第二次長州征討では幕府軍の石州口の総督を務め、1080名を率いて出陣したが、弾薬を使い果たして江津まで退却した。同年12月3日、罷免、謹慎を命じられる。慶応3年(1867年)9月27日、謹慎を解かれる。
慶応4年(1868年)1月24日、「維新立藩」で独立の大名となった。同年5月5日、上洛する。明治2年(1869年)6月20日、田辺藩知事に就任する。明治4年(1871年)10月10日、藩知事の地位を長男・直行に譲って隠居したが、ほどなくして再任している。  (wikipedia・安藤直裕より)]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図中央・二条御城右上に紀田辺安藤と記述されています。)

カメラ位置は東堀川丸太町下ル、でカメラ東方向が紀伊田辺藩安藤家京屋敷跡になると思われます。