長州藩邸跡(京都ホテル)

マーカーは長州藩邸跡(桂小五郎像)です。

長州藩邸跡
[高瀬川一之舟入の南側から御池通までの、河原町通から木屋町通に至る一帯は、江戸時代初期に長州藩(山口県)毛利氏の藩邸が置かれた所で、幕末維新期の重要な政治的拠点となった。藩邸は、初め南北2か所に分かれ、北側屋敷は表口39間(約70メートル)、裏行31間(約56メートル)、南側屋敷は表口30間(約54メートル)、裏行8間(約14メートル)に及んだ。元治元年(1864)の蛤御門の変(禁門の変)で会津藩薩摩藩を中心とする朝廷江戸幕府側に敗れた長州藩は、自らこの邸内に火を放ち、京都を逃れたが、邸内の放火はたちまち市中に延焼し、数日間にわたって燃え続けたという。明治維新後、この藩邸跡は官有となり、明治初年には府下産業の振興を図るため、勧業場(かんぎょうじょう)が設立され、後に常盤ホテル(京都ホテルの前身)が建てられた。  (「 長州藩邸跡(京都市中京区) – 三日月の館 – Yahoo!ブログ 」より)]

長州屋敷址
[長州藩邸は幕末には尊王攘夷運動の拠点となり,元治元(1864)年禁門の変で焼失した。鳥羽伏見戦(1868)の後,その焼け跡は征東に赴く長州兵の調練場となった。この石標はその藩邸跡を示すものである。
所在地 中京区御池通河原町東入(京都ホテルオークラ前)
位置座標 北緯35度00分40.6秒/東経135度46分10.3秒(世界測地系)
建立年 1938年
建立者 京都市教育会
寸 法 高127×幅19×奥行18cm
碑 文
[北]
長州屋敷址
[東]
昭和十三年三月建之 京都市教育会
調 査 2002年2月4日  (「NA021 長州屋敷址 – 京都市」より)]

中井家絵図・書類 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」 – 「寛永後萬治前洛中絵図(出版年 1642)」(絵図下に七つの舟入時代の高瀬川が描かれ、中央に松平長門守と描かれています。織田邸手前までが長州藩邸になると思います。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 文久改正新増細見京絵図大全」(文久3 [1863] – 絵図中央左・本能寺右上に長州と描かれています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図中央右方向・三条大橋左上方向角倉下に長州ヤシキと描かれています。)

国際日本文化研究センター – 都15号 假製二万分一 京都(明治22・1889年)」(地図四つ切右下・御所御苑の右下、鴨川左高瀬川一之船入下の区画が長州藩邸跡になります。)

京都ホテル
[京都ホテルオークラの起源は神戸の実業家、前田又吉が1888年に川端二条で創業した旅館「京都常盤」である。前田は旧勧業場跡地(現所在地である河原町御池、幕末期は長州藩邸の所在した場所)の払い下げを受け、1890年に洋風木造建築の「常盤ホテル」を日本土木会社(現・大成建設)の施工で竣工、開業させた。
常盤ホテルは1894年に井上喜太郎によって買収され、平安遷都1100年記念式典の行われる1895年に「京都ホテル」として営業を再開。1928年には鉄筋コンクリート構造・7階建ての新館が清水組の設計・施工で完成した。
1991年12月、総合設計制度の適用を受け、高さ60mの高層ビル「京都ホテルおいけ本館」の建設に着手、1994年に竣工した。
敷地内にある長州屋敷跡の碑・wikipedia-photo、敷地内にある桂小五郎像・wikipedia-photo  (wikipedia・京都ホテルより)]

グーグル・アート・プロジェクト – 歴史アーカイブ – 「京都散策・明治初期~大正初期

桂 小五郎像(長州屋敷跡) – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向に長州屋敷址碑があります。

カメラ東方向に桂小五郎像が立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*