「電気鉄道事業発祥の地」の記念碑

マーカーは「電気鉄道事業発祥の地」の記念碑です。

Google Earth で街並み散歩(日本編) – 琵琶湖疎水トップページへ

「電気鉄道事業発祥の地」の記念碑
[伏見駿河屋店先に「電気鉄道事業発祥の地」の記念碑が建っている。東洞院塩小路の碑(電気鉄道事業発祥の地碑)と対をなすもので、明治28年(1895)日本で初めての営業電車が京都駅前からこの伏見油掛通りまでの約6kmの区間に開通した。その路線はここまで歩いてきた旧竹田街道の道筋そのものである。  (「竹田街道」より)]

[日本最初の電気鉄道である京都電気鉄道株式会社の伏見線は,明治28(1895)年に開業し,京都市下京区東洞院通東塩小路踏切(旧東海道線)南側を起点として,この地伏見町油掛通までの約6kmを走った。この石標は電気鉄道事業発祥地を示すものである。
所在地 伏見区下油掛町(竹田街道)
位置座標 北緯34度55分52.4秒/東経135度45分31.1秒(世界測地系)
建立年 1970年
建立者 鉄道友の会京都支部
寸 法 高102×幅21×奥行21cm
碑 文
[南]
我国に於ける
電気鉄道事業発祥の地
[東]
明治廿八年二月一日京都電気鉄道株式会社は
京都市下京区東洞院通東塩小路踏切(旧東海
道線) 南側から伏見町油掛通まで電気鉄道を
我国において初めて開業した
[西]
昭和四十五年二月一日
鉄道友の会京都支部
調 査 2002年2月12日  (「HU037 我国に於ける電気鉄道事業発祥の地 – 京都市」より)]

電気鉄道事業発祥の地 石碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向に「電気鉄道事業発祥の地」の記念碑があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*