伏見長州藩邸跡碑

マーカーは伏見長州藩邸跡碑です。

伏見長州藩邸跡
[所在地 伏見区表町(京都市伏見土木事務所前)
位置座標 北緯34度55分46.0秒/東経135度45分31.2秒(世界測地系)
建立年 2009年
建立者 伏見観光協会・社団法人伏見納税協会青年部会
寸 法 高110×幅18×奥行18cm
碑 文
[東]
伏見長州藩邸跡
[南]
平成二十一年十二月建之
伏見観光協会
(社)伏見納税協会青年部会
[副碑北]
伏見長州藩邸跡
長州藩の藩祖は毛利輝元でその父、元就豊臣秀吉に仕えた名高い戦国武将。その領地は中国地方の大半を占めていました。伏見城造営当初の藩邸は『豊公伏見ノ図』や中井家所蔵の『伏見城絵図』によれば城下の西の端、大名屋敷の一角と毛利橋の東に『毛利長門守』の屋敷が記されています。慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで輝元は西軍の大将として参戦して敗戦。徳川家康は戦争責任を問い輝元を隠居させ、その子、秀就周防長門の2国、現在の山口県を与えました。
江戸時代中期の元禄12(1699)年の『御香宮文書』には中書島の新地開発を許可されたことが記されており、この時期以降に藩邸がこの場所に移転してきたと考えられます。この辺りと三栖向町の間には船大工町があり、船や船具製造に従事する人びとが暮らしていました。屋敷地は通りに面して町家が建ち並び、藩邸がその奥にあるような形態をしていました。
幕末元治元(1864)7月19日未明、長州藩家老の福原越後はここ伏見長州藩邸から武装した約500名の兵とともに、京へ進軍しようとしました。その途中、伏見街道の稲荷付近から竹田街道を守る大垣会津桑名鯖江の藩兵と衝突、禁門の変が勃発しました。福原が率いる長州勢は敗走して伏見藩邸に立ち戻り、態勢を整えて打って出ましたが、彦根藩や他の連合軍が京橋から伏見藩邸を砲撃、このため伏見長州藩邸は焼け落ちてしまいました。
伏見観光協会
  (社)伏見納税協会 青年部会
  平成21年12月 建立
調 査 2010年1月6日  (「HU155 伏見長州藩邸跡 – 京都市」より)]

伏見長州藩邸跡 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向に伏見長州藩邸跡碑があります。