志水落合城跡

マーカーは志水落合城跡です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)京阪神図」の1892~1910年の地図中央に東土川と記述される「土川」の字の東側一画が東土川城跡になると思われます。

志水落合城跡
[中世、久我 羽束師には、南北朝動乱以後、防御のための土塁や堀に囲まれた在地領主の居館跡が点在し、今も道沿いには民家の石垣や用水路にその跡がしのばれます。羽束師菱川城跡、志水落合城跡、古川城跡上久我城跡東土川城跡が知られ、堀や土塁に囲まれた室町時代の面影を今に伝えます。
志水落合城跡位置図(画像右中央下)

  (「40.久我 羽束師 – 京都市埋蔵文化財研究所」より)]

落合城(おちあい)

志水落合城跡位置図からすると、カメラ南南東方向辺りが志水落合城跡と思われます。