戊辰役戦場址碑

マーカーは戊辰役戦場址碑です。

戊辰役戦場址
[この石標は,戊辰役東軍戦死者埋骨地(HU004)南の堤防上にあったものが現地に移されたもので,戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見戦の跡を示すものである。慶応4(1868)年正月3日夕方に鳥羽伏見戦が勃発,次第に淀方面に主戦場を移した。5日この附近は幕府軍砲兵の陣地となり,官軍来攻に備えた。官軍の総攻撃に幕府軍が応戦して激戦となり,多数の戦死者を出し,幕府軍は納所から敗走した。
所在地 伏見区納所町(納所会館前)
位置座標 北緯34度54分33.1秒/東経135度43分08.5秒(世界測地系)
建立年 1928年
建立者 三宅安兵衛遺志
寸 法 高145×幅27×奥行23cm
碑 文
[南]
戊辰役戦場址
[東]
是北従城南離宮一里至
[西]
是南従石清水八幡宮一里
[北]
昭和三年春京都三宅安兵衛遺志■■
調 査 2002年2月13日  (「HU034 戊辰役戦場址 – 京都市」より)]

戊辰役戦場跡の碑 – Google Map 画像リンク」「納所会館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向に戊辰役戦場址碑があります。