戊辰役東軍戦死者埋骨地(宇治川堤千両松の地)

マーカーは戊辰役東軍戦死者埋骨地(宇治川堤千両松の地)です。

戊辰役東軍戦死者埋骨地(宇治川堤千両松の地)
[この碑は、慶応4(1868)年正月に勃発した鳥羽伏見戦の東軍(幕府側)戦死者の遺骨を埋めた地を示す碑である。この地は激戦地となった宇治川堤千両松の地である。
 明治40年に東軍戦死者四十年祭典が京都十七日会により挙行され,あわせて15基の碑が建立された。十七日会は徳川家康の命日である十七日(元和2年4月17日)にちなんだ,徳川家恩顧者の会である。
 碑はふたつのカテゴリーにわけて建立された。一は「戊辰之役東軍戦死者之碑」と刻んだ3基の招魂碑(この碑もそのひとつ)。一は「戊辰役東軍戦死者埋骨地」と刻んだ12基の碑(墓石)である。それぞれのカテゴリー内の碑は同一形式で,刻まれた文字も表題部は同じ。招魂碑は榎本武揚書。
 3基の招魂碑に記された埋骨地碑は,伏見町悟真寺内招魂碑が同寺内2か所。納所村妙教寺内招魂碑が悲願寺墓地・愛宕茶屋・八番楳木。淀町長円寺相招魂碑が同寺内・光明寺墓地・大専寺・文相寺・東運寺・八幡番賀。
 上記の埋骨地碑を合計すると11基になるが,長円寺内には2基の埋骨地碑が現存するから,所在は10か所で碑は12基ということになる。招魂碑・埋骨地碑計15基は百年以上たった現在もすべて当初の建立地,あるいはその近辺に残存し,希有な例として注目できる。いしぶみデータベースには15基すべてを収録した。その一覧はここ
 なお,この建碑事業の経緯は京都十七日会編『戊辰東軍戦死者四十年祭典及墓標建設報告書』(1907年同会刊)に詳しい。
所在地 伏見区納所下野
位置座標 北緯34度54分35.1秒/東経135度43分43.1秒(世界測地系)
建立年 1907年
建立者 京都十七日会
寸 法 高100×幅21×奥行21cm
碑 文
[南]
戊辰役東軍戦死者埋骨地
調 査 2015年8月15日
備 考 戊辰役東軍戦死者慰霊碑(HU183)と並び立つ  (「HU032 戊辰役東軍戦死者埋骨地 – 京都市」より)]

戊辰役東軍戦死者慰霊碑
[この碑は鳥羽伏見の戦で激戦地となった宇治川堤千両松の地に立つ。もともと戊辰役東軍戦死者埋骨地(HU032)が明治40年に建立されたが,大正14年隣接地に京都競馬場が建設され,昭和42年に大駐車場が新設された。同時に駐車場と競馬場を結び京阪線を跨ぐ高架自動車道が付けられた。
 俗伝によればこの高架橋建設時に埋骨地の碑を撤去したところ,工事現場に怪異が起きたので慰霊祭が行われ,埋骨地碑は元に戻されたという。確証はないがこの碑もその慰霊のために建立されたと思われる。
所在地 伏見区納所下野
位置座標 北緯34度54分35.1秒/東経135度43分43.1秒(世界測地系)
建立年 1970年
建立者 中村勝五郎他
寸 法 高125×幅72×奥行10cm
碑 文
[南]
幕末の戦闘ほど世に悲しい出来事はない
それが日本人同族の争でもあり いづれもが
正しいと信じるまゝにそれぞれの道へと己
等の誠を尽した 然るに流れ行く一瞬の時差
により 或る者は官軍となり 或るは幕軍と
なって 士道に殉じたので有る 此の地に
不幸賊名に斃れたる 誇り有る人々に対し慰
霊碑の建つるを見る 在天の魂以て冥すべし
昭和四十五年春 中村勝五郎識す
[北上段]
慶応四年戊辰正月
伏見鳥羽の戦いに敗れ
ここ淀堤千両松に布陣
し薩摩 長州の両軍と
激戦を交し 非命に斃
れた会津 桑名の藩士
及び 新選組 並びに
京都所司代見廻組の
隊士の霊に捧ぐ
昭和四十五年六月四日
[北下段]
日本中央競馬主協会連合会長 中村勝五郎
京都馬主協会長 樋口正一
同 常務理事 松本英吉
京都競馬場長 秋山忠利
日本調教師会関西本部長 上田武司
同 専務理事 福永幸夫
調 査 2015年8月15日  (「HU183 戊辰役東軍戦死者慰霊碑 – 京都市」より)]

戊辰戦争淀千両松の戦いの碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が戊辰役東軍戦死者埋骨地です。