源空寺

マーカーは源空寺です。

源空寺
[源空寺(げんくうじ)は 京都府京都市伏見区瀬戸物町にある、浄土宗の寺院である。詳しくは宝海山法然院源空寺と称する。法然上人二十五霊跡第15番。
源空寺は、寺伝によれば、蓮乗房忍空が住持する草庵だった。忍空は当初法然の「選択集」を非難したが、後に後悔して、専修念仏を行じていた。法然63歳の時、奈良東大寺の大仏殿、再建落慶供養の導師を努めた後、帰途、忍空に請われるままに、宿泊し説法をした。それを聞いた木幡の里の人びとは涙を流し、念仏の教えに帰依した。人びとが法然の御影を欲しがったので、法然は、書写して法語を書きためておいた紙を用いて、「張貫の御影」を作り、忍空に与えた。建久6年(1195年)、忍苦は草庵を念仏道場に改め、御影を安置した。慶長17年(1612年)幡随意徳川家康に願い出て、当地に移転した。その後、嘉永元年(1848年)に火災で焼失している。山門は二層の鐘楼門で伏見城の遺構とされる。境内には芙蓉ムクゲ彼岸花が咲く。
源空寺山門・wikipedia-photo

  (wikipedia・源空寺_(京都市)より)]

[徳川家康によって伏見城内のこの地を寄進された寺院。二層からなる珍しい山門は、伏見城廃城のときに移築された遺構と伝わります。また、寺宝の「朝日大黒天」は、元伏見城巽櫓にあった豊臣秀吉念持仏で、秀吉に天下統一の大福を授けたといわれています。  (「旧伏見城域 – 京都市」より)]

源空寺 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が源空寺山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*