羽束師菱川城跡(観音寺)

マーカーは観音寺です。

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)京阪神図」の1892~1910年の地図中央に羽束師村と記述される「村」の字の上が羽束師菱川城跡になります。

[京都近郊に営まれた荘園の領主は、京内に居住する貴族や社寺でした。荘園内で生産された米穀・野菜などの農産物は、荘園領主の生活には欠かせないものとなっていました。食料のみならず、正月の鏡餅、五月の蓬や菖蒲など荘園領主の年中行事と密接に結び付いていたからです。このため、京都近郊では中世を通じて荘園が維持されていきます。これらの荘園は小規模で複雑に分割支配されているのが特徴です。
各荘園には管理するための荘官が置かれていましたが、やがてこれらの荘官は次第に勢力を拡大して在地領主(国人)として農民とその土地の支配を目指すようになります。室町時代には、国人の主要なものは将軍直属の被官人として組織され、戦国時代に活躍します。
一方、農民は荘園の枠を超え在地の郷村ごとに団結を強めていきます。やがて、正長の土一揆( 1428 年)、嘉吉の一揆( 1441 年)の頃には、荘園領主や幕府に対抗するまでに自立していきます。
羽束師菱川城(伏見区羽束師菱川町):城主などは全く分かっていません。水田の中に竹藪として姿をとどめています。2014 年には一部が発掘調査され、東側には堀が廻らされ、城内では建物の一部が見つかっています。  (「京都近郊の居館・集落 – 京都市埋蔵文化財研究所」より)]

[久我 羽束師の居館跡
中世、久我 羽束師には、南北朝動乱以後、防御のための土塁や堀に囲まれた在地領主の居館跡が点在し、今も道沿いには民家の石垣や用水路にその跡がしのばれます。羽束師菱川城跡、志水落合城跡、古川城跡、上久我城跡東土川城跡が知られ、堀や土塁に囲まれた室町時代の面影を今に伝えます。  (「40.久我 羽束師 – 京都市埋蔵文化財研究所」より)]

羽束師菱川城跡
[長岡京跡左京第 585 次(四条三坊十三町跡)・羽束師菱川城跡
調査地は,京都市伏見区羽束師菱川 43 番地 9 , 10 で,京都市立神川中学校より西へ 120 m 程度隔てた地点に位置する。
当該地域が周知の埋蔵文化財包蔵地である「長岡京跡」及び「羽束師菱川城跡」に含まれていることから,平成 24 年 11 月,12 月,平成 25 年 3 月に試掘調査を行った。その結果,造成計画範囲の大部分において長岡京期及び室町時代以後の遺構群が良好に残存していることを確認した。このため発掘調査,詳細分布調査,設計変更のいずれかの手法により,遺跡の記録保存もしくは地中保存を図ることとなった。このうち今回の調査対象地は,羽束師菱川城跡の遺構が緊密に残存すると推定されることから,発掘調査が必要と判断された区画にあたる。

調査地位置図

 調査地の東と南には農業用水路があり,これが調査地の南東角で合流し,西流して西羽束師川へ注いでいる。既往の調査(左京第 561 次調査)により,この東側の用水路が羽束師菱川城跡の東濠となる可能性が示された。その規模は幅 8.0 m 程度を測ると復原されている。濠は北,西,南側にも想定されており,南北 110 m ,東西 120 m を測る城跡の周囲を四方にめぐる。左京第 561 次調査では,小柄や小刀,位牌,一石五輪塔等を含む特徴的な遺物が豊富に出土したことから,羽束師菱川城は城内に居館や寺庵,集落を配置する施設であったとする見解が示された。
なお,これに先立つ試掘調査(表1-⑫:12NG289)では,濠の北東において,鎌倉時代桃山期江戸時代の遺構が確認されている。このため,人々はこの一帯を移動しながら集住を繰り返したと推測され,左京第 561 次調査報告では,その要因を洪水による環境悪化を避けるためと説明付けている。今回の調査では,不明とされた 14 ~ 15 世紀代の居住域が洪水砂の及んでいない地点において多数発見されたことから,この推論は追認された。

羽束師菱川城跡の想定復元

一方,調査地は長岡京左京四条三坊十三町にも相当する。調査地付近では、東に位置する神川中学校及び羽束師小学校内において,大型掘立柱建物と柱列が 10 棟以上確認されている。また四条条間小路と四条条間南小路の側溝が検出され,両遺構の距離間が周辺の東西条の具体的な復原に寄与することとなった。

既往の調査と長岡京条坊の復原

            (「54255_1_京都市内遺跡発掘調査報告平成28年度.pdf」より)]

観音寺
[創建年代は不詳。奈良県長谷寺の開祖・僧徳道奈良時代に開いたと伝えられています。補陀落山(ふだらくざん)観音寺といい、京都洛西観音霊場十五番札所です。  (「40.久我 羽束師 – 京都市埋蔵文化財研究所」より)]

観音寺(伏見区) – 京都風光」、「京都の神社仏閣 観音寺

観音寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が羽束師菱川城跡に建つ観音寺山門です。