菱妻神社

マーカーは菱妻神社です。

菱妻神社
[当神社は平安時代後期12世紀の初め、永久元年(1113)2月、右大臣源雅実(みなもとのまさざね)公が奈良春日大社から天児屋根命(あめのやねのみこと)を勧請して、「火止津目(ひしづめ)大明神」と崇め奉ったことに始まります。御遷宮(せんぐう)の時には具仁(ともひと)親王をはじめ、源氏(久我家)・藤原氏の一族が牛車三両、手輿(こし)数十丁を連ねて社参されたと旧記には伝えられています。
 御鎮座(ちんざ)当時には、桂川の西に地境方三十九間、本社、拝殿、神楽殿、御垣の御門に続いて東西に廻廊、南に一の鳥居、東に具平宮(たいのみや)、一・二の鳥居の間には祭殿、御供殿、並びに久我公の成殿があり、高殿の東に遥拝所および御垣、また、御祭道の巽(南東)に惣門があり、祭殿に並んで神主の宅があったと伝えられています。神領として当地の近辺に五千坪の地があって田中には檜が生え、数十丈の藤がかかっていたと言われています。この事からも当時の広大さがしのばれます。
 しかし、当地は鴨川桂川の洪水の被害をたびたび受け、長承3年(1134)には桂川の大洪水により社領三百歩が渕となるほどでした。そこで、久寿元年(1154)「火止津目」の字を、水徳があるとして「菱妻(ひしづま)」と改め現在に至っています。
 この頃には、親王宣下(せんげ)の時に奉幣使が社参される例であったと言います。また、本社より巽の惣門を奏聞口と言い、辰の上刻(午前7時過ぎ)まで人の通行を禁じていました。これは南都より毎朝白い鹿が来てこの中を通り、卯の刻(午前6時頃)に南都に帰ったと言われたことによっています。
 なお、当社を式内社の簀原(すはら)神社ではないかとする学説もあります。  (「菱妻神社ホームページ御由緒・御祭神・御神徳より)]

菱妻神社と菱妻神社 京都市伏見区と南区 … – Goo ブログ

菱妻神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が菱妻神社鳥居及び神門です。