藤森神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    藤森神社
    [藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は、京都府京都市伏見区に鎮座する神社である。旧社格は府社。 5 月 5 日に行われる駈馬神事や、菖蒲の節句の発祥地として名高い。 6 月から 7 月にかけて紫陽花園が公開され、 3,500 株にもおよぶ紫陽花が見もの。創建年代や祭神には諸説ある。社伝では、神功皇后摂政 3 年( 203 年)、三韓征伐から凱旋した神功皇后が、山城国・深草の里の藤森に纛旗(とうき、いくさ旗)を立て、兵具を納め、塚を作り、祭祀を行ったのが当社の発祥であるとしている。当初の祭神は、現在本殿に祀られる7座であった。藤森の地は現在の伏見稲荷大社の社地である。その地に稲荷神が祀られることになったため、当社は現在地に遷座した。そのため、伏見稲荷大社周辺の住民は現在でも当社の氏子である。なお、現在地は元は真幡寸神社(現 城南宮)の社地であり、この際に真幡寸神社も現在地に遷座した。東殿は、天平宝字 3 年( 759 年)に藤尾の地に崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀る神社として創建されたもので、元は藤尾社と称していた。永享 10 年( 1438 年)に当社に合祀された。西殿は、延暦 19 年( 800 年)に早良親王を祀る神社として塚本の地に創建され、文明 2 年( 1470 年)に当社に合祀された。早良親王は生前当社を崇敬していた。陸奥国で反乱が起こったとき、早良親王は征討将軍となり当社に詣でて戦勝を祈願した。その出陣の日が 5 月 5 日で、これが現在の駆馬神事の元である。
    西門・wikipedia-photo、拝殿・wikipedia-photo、本殿・wikipedia-photo  (wikipedia・藤森神社より)]

    藤森神社ホームページ
    藤森神社境内図

    上賀茂神社の菖蒲の根合せ 藤森祭と伏見稲荷 | 京都旅屋 ~気象予報士

    国立国会図書館デジタルコレクション – 伏見桃山御殿御城之画図」(明治 14 年に復刻された豊臣秀吉時代の伏見城及び各大名屋敷地の絵図で、絵図中央左方向に藤森社が、石田治部少輔屋敷が城郭内右下に、徳川大納言家康屋敷が絵図中央右端に描かれています。)

    藤森神社資料リンク
    都名所図会」・「巻之五 前朱雀再刻 藤森社 (藤森神社・一枚目)」、「巻之五 前朱雀再刻 藤森社 (藤森神社・二枚目)」、「巻之五 前朱雀再刻 藤森の社 (藤森神社)解説
    藤森社 (藤森神社・一枚目)(拡大図)

    年中行事大成. 巻之1-4 / 速水春暁斎 画図」・「藤森走馬図」(4-13)、「解説-1・左ページより」(4-11)、「解説-2」(4-12)

    藤森神社 拝殿 – Google Map 画像リンク」、「藤森神社 本殿 – Google Map 画像リンク」、「藤森神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が藤森神社の西参道鳥居です。

    藤森神社南鳥居内参道のカメラです。

    藤森神社拝殿南西のカメラです。

    カメラ北方向が本殿拝所で、カメラ南方向が拝殿です。

    紫陽花苑のカメラです。

    駈馬神事開催中のカメラです

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    *