西岸寺(油掛地蔵)

マーカーは西岸寺(油掛地蔵)です。

西岸寺(油掛地蔵)
[油懸山(あぶらかけざん)地蔵院西岸寺と号する浄土宗の寺で、天正18年(1590)雲海(う んかい)上人によって創建された。  
地蔵堂には、俗に油懸地蔵と呼ばれる石仏の地蔵尊を安置している。寺伝によれば、むかし山崎( 乙訓郡)の油商人がこの地蔵尊に油を灌(そそ)いで供養し行商に出たところ、商売が大いに栄え たといわれ、以後、この地蔵尊に油をかけて祈願すれば願いが叶うといわれ、人々の信仰を集めて いる。 
境内には、「我衣(わがきぬ)にふしみの桃のしづくせよ 芭蕉」と自然石に刻まれた句碑がある。 これは、貞享2年(1685)当寺の第3世住職任口(にんく)(宝誉)上人を訪ねた芭蕉が、再 会の喜びを当寺の伏見の名物であった桃にことよせて詠じたもので、碑は、文化2年(1805) に建設された。  
なお、地蔵堂は、明治維新鳥羽伏見の戦いで類焼したため、明治27年(1894)に一度再建 された。現在の地蔵堂は、その後、昭和53年(1978)に再び建立されたものである。 京都市 案内板より  (「京都 油掛地蔵(西岸寺) – 天空仙人わーるど」より)]

西岸寺 – Google Map 画像リンク

北方向が西岸寺(油掛地蔵)参道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*