醍醐寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    醍醐寺の子サイトリンク
    下醍醐 – 醍醐寺[西大門(仁王門)]醍醐寺(金堂)醍醐寺(清瀧宮本殿)醍醐寺(五重塔)醍醐寺(霊宝館)観音堂(旧・大講堂)弁天堂

    上醍醐 – 成身院女人堂醍醐寺清瀧宮拝殿醍醐寺薬師堂醍醐寺五大堂醍醐寺如意輪堂醍醐寺開山堂

    醍醐寺
    [醍醐寺(だいごじ)は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町にある真言宗醍醐派総本山の寺院。山号を醍醐山(深雪山とも)と称する。本尊薬師如来、開基(創立者)は理源大師聖宝(しょうぼう)である。古都京都の文化財として世界遺産に登録されている。伏見区東方に広がる醍醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内をもつ寺院である。豊臣秀吉による「醍醐の花見」の行われた地としても知られる。境内は日本さくら名所100選に選定されている。
    醍醐寺の創建は貞観16年(874年)、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝が准胝観音(じゅんていかんのん)並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山、聖宝は同山頂付近を「醍醐山」と名付けた。
    醍醐寺は山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐)を中心に、多くの修験者の霊場として発展した後、醍醐天皇は醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護を掛け、その圧倒的な財力によって醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになる。
    その後応仁の乱など相次ぐ戦争で下醍醐は荒廃し、五重塔しか残らないありさまであった。しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに紀州などからの寺院建築の移築や三宝院の建設などにより今日見るような姿となっている。
    1939年夏、上醍醐を襲った山火事で短時間の間に、経蔵、清滝宮本殿、西国三十三所第11番札所の准胝堂(じゅんていどう)が焼失した。
    伽藍
    上醍醐と下醍醐は険しい山道で隔てられ、徒歩で1時間は要する。
    ●下醍醐 – 本尊薬師如来を安置する「金堂」「三宝院」などを中心に、上醍醐とは対照的に絢爛な大伽藍が広がる。応仁の乱でほぼ全焼し、その後も焼失・再建を繰り返しているが、護摩道場前に建つ五重塔は創建当時のまま現在に残る。また五重塔内部の壁画も国宝に指定されており、壁画中の空海像は同人の肖像として現存最古のものである。
    ●上醍醐 – 西国三十三所第11番札所であり、西国一険しい札所として知られる。上り口にはかつて女人結界があったことから、女人堂がおかれ、そこから険しい山あいに、平安時代のままに残る国宝の薬師堂、醍醐寺の鎮守神である清瀧権現拝殿(国宝)、准胝堂(現存せず)、五大堂などが立ち並ぶ。上醍醐には有名な「醍醐水」が今も湧き出ているほか、醍醐山頂(標高450m)には、如意輪堂(重文)と開山堂(重文)と白山大権現が並ぶ。山頂から笠取山に向かう途中に奥の院がある。
    年中行事
    醍醐寺の主な行事としては、醍醐派が本家である壮大な屋外大護摩柴燈護摩(さいとうごま)を中心とした施餓鬼法要が8月に厳修されるほか、2月には同様に柴燈護摩を炊き上げて五大明王の功徳を讚える「五大力尊仁王会」(ごだいりきそんにんのうえ)が厳修され併せて150キロ近い巨大な鏡餅を持ち上げる力比べが行われることで有名。また豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなんで現在も4月に全山を揚げての花見会が開催される。  (wikipedeia・醍醐寺より)]

    [鐘楼は金堂の南西方向と、大講堂の左の2ヶ所にあります。
    -醍醐寺で迎える新年- 除夜の鐘
    1月 1日 午前 0時~  奉納料1,000円
    金堂前・大講堂横 各106打限定
    ●醍醐寺三宝院の納経所で受付中  (「醍醐寺からのお知らせ」より)]

    グーグル・アート・プロジェクト – World Wonders – 「古都京都の文化財:醍醐寺

    醍醐寺公式ホームページ」 – 「世界遺産 京都 醍醐寺:四季 花だより 春

    醍醐寺境内図

    醍醐寺の桜 – 巨樹と花のページ」、「醍醐寺 桜

    醍醐寺資料リンク
    都名所図会」・巻之五 前朱雀再刻 下醍醐巻之五 前朱雀再刻 上醍醐巻之五 前朱雀再刻 深雪山醍醐寺 (醍醐寺)解説巻之五 前朱雀再刻 上醍醐解説
    下醍醐(拡大図)

    上醍醐(拡大図)

    拾遺都名所図会」・巻之二 左青龍首 醍醐花見
    醍醐花見(拡大図)

    [醍醐花見(だいごはなみ)
    ませさかを越けるに蓮蔵院(れんぞうゐん)の花盛なりければ読侍ける
    続門紫
    桜花たがいつはりのむかしより 雲にあだ名の立はじめけん 義淳法師]

    醍醐寺 – Google Map 画像リンク」、「醍醐寺観音堂(西国十一番札所) – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向が醍醐寺総門です。

    醍醐寺総門内のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *