魚三楼

マーカーは魚三楼です。

魚三楼
[魚三楼は江戸時代明和元(1764)年、讃岐国出身の初代・三郎兵衛が創業。 京の南の玄関口である川陸交通の要衝・伏見港に揚がる瀬戸内海の魚や京野菜、また伏見の酒造りを支えた豊かな湧水を使い、各藩の大名屋敷の料理方などを務めました。幕末、新政府軍と幕府軍が衝突した鳥羽・伏見の戦いでは、魚三楼の前・京町通に布陣した新撰組が、銃砲で武装した薩摩藩軍へ白刃で斬り込んだといわれています。表の格子には当時の銃撃戦の弾痕が保存されています。  (「京都 料亭 魚三楼 – 魚三楼の伝統」より)]

京都伏見の料亭「魚三楼(うおさぶろう)」で京料理を

魚三楼 (うおさぶろう) – 伏見桃山/京料理 [食べログ]

魚三楼(うおさぶろう) – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が魚三楼です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*