桑名藩京都屋敷跡

マーカーは佛教大学です。

幕末の桑名藩
[松平猷(定猷徳川家定の時代に猷と改名した)の死後、家督は幕末の多事多難のため、嫡子の万之助(松平定教)では無理と見られて、美濃高須藩松平家から松平定敬が初姫の婿養子として第4代藩主に就任した。この定敬は御三家筆頭の尾張藩徳川慶勝徳川茂徳会津藩松平容保石見浜田藩松平武成らの実弟にあたる。定敬は将軍徳川家茂と同じ弘化3年(1846年)生まれであったことから家茂と仲が良く、厚い信任を受けた。元治元年(1864年)には京都所司代に任命されるが、この際に若年であるからと拒絶したものの(『自歴譜』)、実兄の容保が京都守護職にあったため拒絶しきれず就任した。定敬は容保と兄弟のコンビで兄を助けて京都の治安と西国の監視監督を務め、池田屋事件禁門の変はこの兄弟の時代に起こっている。2回の長州征討天狗党の乱でも京都の守備を務めた。京都において容保・定敬兄弟が禁裏御守衛総督となった一橋家当主徳川慶喜と協調することで成立した政治体制は、一会桑政権と呼ばれる。一会桑は孝明天皇からの信任を背景として江戸の幕閣からも独立して権力を行使したが、それだけに長州藩はもとより薩摩藩からも打倒目標とみなされるようになる。さらに第二次長州征伐への対応をめぐり、慶喜と会津・桑名両藩が対立して一会桑体制が瓦解する。
その後の孝明天皇の崩御により、会津・桑名両藩は京都政界での足掛かりをほぼ失うこととなった。王政復古クーデター後の小御所会議は慶喜と会桑を排除して行われたが、この会議では京都所司代・京都守護職の免職も当初の議題に含まれていた。しかし会議中に松平定敬は京都所司代を自ら辞職し、容保も同様に京都守護職を辞したため、会議結論の辞職要求は徳川慶喜に対するもののみとなった。 こののち、京都駐在の会桑両藩の兵力の扱いが問題となり、徳川慶喜は両藩主を引き連れて大坂に引き退くことで一旦事態を収拾した が、江戸の薩摩藩邸焼き討ちの報が入ると旧幕府と会桑の将兵が激昂して武力上洛への流れとなる。鳥羽・伏見の戦いでは会津・桑名の藩兵が主力となって薩摩・長州と激突した。 兵力では幕府軍が有利であり、さらに桑名では軍制改革が行われて近代洋式の軍隊となっていたが、肝心の首脳部が旧態依然とした老職で占められていたために、新居良次郎の奮戦も空しく、実力を発揮できずに敗れた。この時の桑名兵の死者は11名、さらに定敬は大坂城まで撤退して城の守りに兵をつかせていたが、徳川慶喜が単身で関東への敵前逃亡を図ると、命令でそれに同行することを余儀なくされた。
桑名本国では1月3日に薩摩討伐の命令が届けられ、出陣の準備を進めていたが、7日以降になると敗戦・藩主の江戸脱出が知らされ、桑名は大混乱となった。
当時、留守を守る筆頭重臣は惣宰職(家老)の酒井孫八郎であったが、酒井は1月10日夕方に15歳以上の藩士および隠居に総登城を命じ、今後の対応策を協議した。対応策として出されたのは以下の3案であった。
 1.新政府軍への恭順・開城する「恭順論」
 2.開城して全藩士が江戸の定敬に合流して今後を決定する「開城東下論」
 3.新政府軍に抗戦して籠城を辞さない「守戦論」
協議は紛糾して意見がまとまらず、やむなく酒井は藩祖の神前において籤を引いてそれに従うことになり、その結果「開城東下論」に決した。
しかし、先の見えない開城東下論そのものに対する不満に加え、徳川家への忠義や新政府への不信から守戦を唱える者、戦いを無謀と考えて恭順を唱える者は納得せず、特に江戸時代以前から桑名一帯に住んできた小領主層の末裔とされる下士の中には、恭順論へ転向のために実力行使を計画する動きがあった。1月11日、そんな下士の一人である矢田半左衛門は同志を集め、先代・猷の実子である松平定教(万之助)を新藩主として擁立し恭順すべきであるとする決議をまとめ、翌日酒井ら重臣たちに決議を突きつけた。これを知った他の恭順派も次々と同様の要請を行い、守戦派もこれに対抗する意見を出した。そこに桑名藩が朝敵に指定された報が入ると、議論は恭順論に一気に傾いた(神前籤引き騒動)。  (wikipedia・桑名藩#松平定敬と幕末の動乱より)]

国際日本文化研究センター – [大成京細見繪圖 : 洛中洛外町々小名](慶應4・1868年)」(絵図左上・大徳寺の左方向に桒名ヤシキと描かれています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(明治元年・1868年)」(絵図四つ切左上・大徳寺左の赤枠が桑名藩京都屋敷跡になります。)

カメラ北西方向が桑名藩京都屋敷跡に建つ佛教大学です。