正伝寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    正伝寺
    [正伝寺(しょうでんじ)は、京都市北区西賀茂にある臨済宗南禅寺派の諸山の格式を持つ寺である。山号は吉祥山。寺号は詳しくは正伝護国禅寺という。本尊釈迦如来
    文永5年(1268年)、東巌慧安(とうがんえあん)が師の兀庵普寧(ごったんふねい)を開山として烏丸通今出川に創建したのがこの寺の始まりとされる。兀庵は中国(南宋)からの渡来僧で、文永2年(1265年)に帰国しているが、東巖は師の兀庵を開山に勧請したものである。寺は比叡山延暦寺の衆徒によって破却され、東巖は鎌倉の聖海寺(現存せず)に移り、同地で建治3年(1277年)に没した。
    寺が再興されたのは弘安5年(1282年)のことである。同年、賀茂神社社家・森経久の援助により寺は西賀茂の現在地に移り寺運は興隆した。室町時代には天皇家、将軍家の帰依を受けたが、応仁の乱(1467年 – 1477年)の兵火により衰退した。豊臣秀吉徳川家康の援助を受け復興され、江戸時代には塔頭5寺を有していた。
    境内
    ●山門・wikipedia-photo

    本堂方丈重要文化財) – 入母屋造こけら葺き。安土桃山時代伏見城本丸の御殿の1つが移建されたものと考証されている。障壁画は作風等から狩野山楽一派の筆と推定されている。廊下の天井は「血天井」と称され、伏見城落城の際に自刃した鳥居元忠らの血痕が残った廊下の板を用いたものという。
    ●庭園 – 本堂前の枯山水の庭園は小堀遠州作と伝えられている。白壁越しに比叡山を望む借景式庭園であり、岩を用いず、白砂とサツキの刈込みのみで構成されている。「獅子の児渡しの庭」と呼ばれる。
    比叡山を借景とした庭園・wikipedia-photo

      (wikipedia・正伝寺より)]

    資料リンク
    都名所図会」・「巻之六 後玄武再刻 西加茂」西加茂(拡大図)

    [図会左ページ上・五山送り火(舟形万灯籠)下に正伝寺、右ページ下に神光院、中程に霊源寺が描かれています。]
    Google Maps 画像リンク

    カメラ西北西方向が正伝寺山門です。

    カメラ西方向が正伝寺庫裏です。

    本堂庭園前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *