五丁橋跡

マーカーは五丁橋跡です。

五丁橋跡
[羅城門前から五丁橋までの鳥羽街道は、東側に堀川、酉側に鍋取川が流れていました。昭和初期までの堀川筋は、九条通りで西に曲がり、鳥羽街道に沿って南下していましたが、その後の改修工事で、九条通からまっすぐ南下して鴨川に流れ込むようになりました。その堀川の廃川路を鳥羽街道の西側を流れていた鍋取川が引き継ぎました。九条通以北の鍋取川はすでに昭和 36 年に暗渠になりましたが、九条通以内は、平成元年に暗渠化され遊歩道となりました(平野圭祐『京都水ものがたり』参照)。  (「最新の更新一覧 | 日蓮宗 正覚山實相寺(京都上鳥羽) – Part 4」より)]

[さて、古地図で見つけた今は無き、残りの 3 つの橋ですが、一番北に位置する橋の址を訪ねてみました。
昔、川だったところは今では遊歩道となっていて、かつての流路の形そのままに、大きくカーブを描きながら鳥羽街道に交わり、交差点となっていました。
昔はこの交差点に、橋が架かっていたのですね。
近くで見つけたバス停の名は、『五丁橋』。
今ではもう、川も橋も無くなってしまいましたが、唯一このバス停の名に、昔の名残りを求めることができます。  (「街で見つけた何かの名残り・・・ 五番ノ橋 – FC2」より)]

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)京阪神図」の1892~1910年の地図で上鳥羽村の上方向、新田下で堀川が鳥羽街道を横断しています。

カメラ位置は五丁橋跡で、カメラ東方向、西方向の堀川は遊歩道になっています。また、カメラ北方向に五丁橋バス停があります。