史蹟 西寺跡

マーカーは史蹟 西寺跡(唐橋西寺公園)です。

史蹟 西寺跡
[西寺(さいじ、にしでら)は、平安時代、現在の京都市南区唐橋にあったとされる寺。東寺と対になる官寺として創建された。東西寺の造立がいつ頃始まったかは定かではないが、類聚国史の797年(延暦16年)4月4日条に笠江人が造西寺次官として記載されているのが記録上の初見とされる。815年(弘仁6年)に造西寺司が任命されて以降、関連する人事記録は見られないため、これ以降に一応の完成をみたとされている。嵯峨天皇の時の823年(弘仁14年)、東寺は空海、西寺は守敏に下賜されたとされるが、高野春秋編年輯録に記されたこの記録は伝説性が強いとされている。832年(天長9年)には講堂が完成した。その後864年(貞観6年)までに薬師寺から僧綱所が西寺に移転された。醍醐寺縁起には906年(延喜6年)に聖宝が西寺別当となったという記述があり、西寺の整備を行ったとある。これ以降他寺出身者が西寺の別当となることがはじまった。990年(正暦元年)に火災があったが、ほどなく再建されたと見られる。建久年中には文覚が塔の修理を行った。この建築作業を明恵が見物している。しかしその後荒廃し、再建された塔も1233年(天福元年)に焼失し、以降西寺の記録は史上から姿を消した。たなかしげひさは「二水記」1527年(大永7年)10月27日条に記載された「西寺に陣を敷いた」という記録があることから、この時期まで西寺が存続していたと推測している。西寺の衰退原因は立地である右京の水はけが悪く、平安後期には住民がいなくなったために環境が悪化したことや、朝廷の支援を受けられなくなったことが指摘されている。西寺は東寺と同様天皇国忌を行う官寺の役割をもっていた。また律令機構の一端を担う鴻臚館として外国使節接遇の施設であったという説もある。西寺の跡は1921年(大正10年)に国の史跡「西寺跡」(さいじあと)に指定された。昭和34年からの発掘調査により、金堂・廻廊・僧坊・食堂院・南大門等の遺構が確認され、当初の未指定部分が同41年に追加指定された。在来の土壇は講堂跡と判明した。東寺とあいまって平安京の規模を知る上にも重要とされる。現在は発掘時出土した金堂礎石の一部が残るのみで、京都市立唐橋小学校の敷地や講堂跡の都市公園唐橋西寺公園になっている。平安京復元模型の西寺(平安京創生館)・wikipedia-photo  (wikipedia-西寺より)]

平成29年度京都市内遺跡発掘調査報告」にかかげられた西寺の復元は位置図

史蹟 西寺跡資料リンク
都名所図会」・巻之四 右白虎再刻 西寺古跡 (西寺跡)巻之四 右白虎再刻 西寺の旧跡 (西寺跡)解説
西寺古跡 (西寺跡)(拡大図)

[図会左下が史蹟 西寺跡が描かれています。]

西寺跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向・小山上、樹木左に史蹟 西寺跡の碑があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*