大津街道/奈良街道

マーカーは大津街道/奈良街道分岐です。

大津街道
[大津街道(おおつかいどう)は、大津宿伏見宿を結ぶ街道。東海道五十七次の一部。伏見街道とも呼ばれる。 東海道の大津宿から京都中心部を通らず、髭茶屋追分から山科盆地を南下し、勧修寺から稲荷山の南麓に抜ける道(大岩街道)を通って京街道の伏見宿に至る街道。現在の滋賀県道・京都府道35号大津淀線である。大津宿までの東海道と大津街道、伏見宿から大阪までの街道を総称して東海道五十七次とすることもある。江戸幕府参勤交代の西国大名と朝廷との接触を嫌ってつくられたとされる。  (wikipedia・大津街道より)]

奈良街道
[奈良街道(ならかいどう)・大和街道(やまとかいどう)は奈良あるいは大和国に向かう 街道の総称。歴史的理由からも地理的理由からも複数のルートが存在する。
京から伏見を経て奈良に至る街道は、一般的に「奈良街道」あるいは「大和街道」と呼ばれる。京・伏見間は山沿いの伏見街道と、平野部の竹田街道の2ルートがあった。奈良側からは「京街道」ともいうが、大和国(奈良県)内の道のりが短いこともあり一般的ではない。また、髭茶屋追分で旧東海道(三条街道)と分岐、山科盆地を南下し六地蔵でに至る経路も「奈良街道」と言う。  (wikipedia・奈良街道より)]

カメラ北方向が大津街道と奈良街道の重用区間でカメラ西方向が大津街道、南方向が奈良街道になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*