宮道神社

マーカーは宮道神社です。

宮道神社
[当社は、宇治郡を本拠とした氏族宮道氏の祖神日本武尊、その子稚武王を祭神として、寛平10年(898年)に創祀された。宮道大明神・二所大明神とも称されている。
 平安時代初期、宇治郡司宮道弥益は、醍醐天皇の生母藤原胤子の祖父で、その邸を寺としたのが勧修寺であると伝える。
 後世、宮道弥益・列子をはじめ、藤原高藤(胤子父)・定方・胤子等勧修寺ゆかりの人々を合祀、近辺にその遺跡もあり、醍醐天皇をめぐる人々の華やかな物語や、古代山科発展の歴史を今に伝える古社である。
 高藤の後裔は、勧修寺流藤原氏として朝廷で枢要な地位を占め、また宮道氏は、武家・寺家蜷川氏としてともに繁栄、活躍した。
 本殿は明治23年に再建されたものであるが、この度、この由緒ある神社が後世永く栄えんことを願い、本殿覆屋・拝殿の修復と境内の整備を行ったものである。  平成12年5月吉日  宮道神社崇敬会  (「藤原高藤と宮道列子のロマンス 宮道神社」より)]

勧修寺境内図(「シーズンは終わったが、桜 京都市山科区 勧修寺・・・いつもながら見事な桜たち」より

宮道神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が宮道神社です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*