ねじりまんぽ

マーカーはねじりまんぽです。

琵琶湖疎水トップページへ

ねじりまんぽ
[蹴上インクラインの下を通っているトンネルのアーチ部分の目地は水平でなく、ねじるような形で煉瓦が積まれており「ねじりまんぽ」と呼ばれている。  (wikipedia・琵琶湖疏水より)]

[蹴上インクラインの下を横断するためのトンネルです。らせん状にレンガが積まれており、渦を巻いているように見えます。北垣国道の揮ごうによる「陽気発処(ようきはっするところ)」、「雄観奇想(ゆうかんきそう)」の扁額があります。「陽気発処」とは、「集中して物事に挑めば何事でも成し遂げられる」という意味で、出典は、朱熹(しゅき)「朱子語類」です。「雄観奇想」とは、「見事なながめとすぐれた考えである」という意味です。歩いて通行することができ、明治時代の空気に触れることができます。
「ねじりまんぽ」を360°VRで見る 。  (「ねじりまんぽ | 見どころ | 日本遺産 琵琶湖疏水(びわこそすい)」より。)]

蹴上のねじりまんぽ – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が「ねじりまんぽ」と呼ばれているトンネルで、トンネルを潜って南禅寺方向に行けます。

「ねじりまんぽ」(「Google Map 画像」より。)

カメラ南西方向が「ねじりまんぽ」です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*