ラーメン「来来亭 一条寺店」

マーカーはラーメン「来来亭 一条寺店」です。

来来亭
[来来亭(らいらいてい)は、滋賀県野洲市に本社を置くラーメンチェーン店。
元々は京都府京都市伏見区深草にあったラーメン店で、経営不振により閉店していたものを豆田敏典が引き継ぎ、現在の来来亭を創業させた。
創業から10年で年商100億円を達成したラーメンチェーンで、豆田はメディアで「滋賀のラーメン王」と紹介されることがある。ただし、豆田自身は滋賀県ではなく山口県の出身であり、京都の老舗ラーメン店「第一旭」で修行していた過去がある。「お客様第一」の店作りを掲げ、「大きな声であいさつ」「ニコニコ笑顔で対応」「キビキビとした行動」を「来来亭の三大原則」として、威勢の良い接客に努めている。
「京都風醤油ラーメン」を標榜しており、醤油味のあっさりした鶏ガラスープに背脂を入れているのが特徴で、麺は細麺を使用している。客の好みに合わせ、麺の硬さ、醤油の濃さ、背脂の量、一味唐辛子の有無、ネギの量、チャーシューの赤身・脂身を選べる。また、梅干しを無料で提供している。醤油味をベースとしたラーメンには鶏ガラを長時間煮込んだ「こってりラーメン」・「チャーシュー麺」・「ワンタン麺」・「葱ラーメン」があり、醤油味以外のラーメンには味噌ラーメンや、唐辛子を多用した激辛ラーメン「旨辛麺」、夏季限定の「冷麺」(冷やし中華の別名)、2014年4月から追加された塩ラーメンがある。スープはセントラルキッチン方式ではなく、各店舗で仕込んでいる。
ラーメン類以外に定食類も用意しており、餃子・コロッケ・唐揚げ・ミンチカツ定食などがある。なお、関西発祥ということから、全店舗で「メンチカツ」ではなく「ミンチカツ」と表記している。また、定食類はライス・ラーメン・定食類のセットで、チャーハン定食の場合はチャーハンとラーメンの組み合わせとなり、ラーメン類は他のラーメンへの切り替えも可能である。こちらも2014年4月からは、ラーメン・餃子・チャーハンの3点同時セットの「がっつり定食」が追加されている。  (wikipedia・来来亭より)]

来来亭ホームページ

来来亭 一乗寺店 – 茶山/ラーメン [食べログ]

来来亭 一乗寺店 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がラーメン「来来亭 一条寺店」です。