三明院

マーカーは三明院です。

三明院(さんみょういん)
[山号は「延寿山」。
本尊は弘法大使(空海)で、真言宗醍醐派に属しています。通称は「弘法さん」ともよばれ、親しまれています。以前は山形県にあったものを、1907年(明治40年)に上高野出身の「佐竹信光師」がこの地に再建しました。三宅八幡宮の東隣にあり、三宅八幡宮の池の横の小道から、三明院の山門前に出ます。高台に位置しているため、境内からの遠望は素晴らしいです。
昭和13年に本堂を再築、昭和29年には鐘楼を建築。遠くからでも見える「多宝塔(たほうとう)」は、昭和36年(1961年)に建設されました。  (「三明院 – 京都洛北「上高野の自然と文化を学ぶ同史会」上高野さんぽ案内」より)]

三明院ホームページ

「三明院」(上高野) – 絶景かなドットコム(京都)

延壽山 三明院 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が三明院山門です。