八大神社

マーカーは八大神社です。

八大神社
[永仁2年(1294)に創建された。御祭神には一乗寺の産土神、氏神として素盞嗚命稲田姫命、八王子命を祀っている。禊祓い、農耕・水、森林・山、縁結び・和歌、方除・厄除、学業・教育と様々な御神徳をそなえている。境内には慶長9年(1604)宮本武蔵が吉岡一門と決闘せし当時の下り松の古木がある。宮本武蔵が吉岡一門との「一乗寺下り松の戦」の前に八大神社に立ち寄った縁から、由緒ある下り松の古木が本殿西に保存されることとなった。現在の本殿は大正5年造営。  (「京都観光Navi:八大神社」より)]

[祭神 素盞嗚命  配祀 稲田姫命,八王子命
御祭神素盞鳴命・稲田姫命・八王子命(五男三女神) 当社は永仁2年(1294年)3月15日勧請、祇園八坂神社と御同神に坐し古来より北天王(北の祇園)と称し皇居守護神十二社中の一にして都の東北隅表鬼門に位置し、方除、厄除、縁むすび、学業の神として世の信仰厚く、後水尾天皇霊元天皇光格天皇修学院離宮行幸の砌(みぎり)御立寄り白銀等御奉納あり明治6年10月5日藪里牛頭天王社(永享10年11月28日勧請)同7年3月5日舞楽寺八大天王社(永享10年9月朔日勧請)を合祀す大正13年幣帛供進神社に指定せられる因に剣聖宮本武蔵が吉岡一族と決斗せし当時の“下り松”の古木は拝殿前に保存してある。  (「八大神社-京都の神社 – 宗旦稲荷」より)]

八大神社資料リンク
都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 八大天王 (天王社)」、「巻之三 左青龍再刻 天王社解説
八大天王 (天王社)(拡大図)

[図会左ページ上に詩仙堂、そこの左下に 八大天王 (天王社)、右下に北山御坊が描かれています。]

八大神社 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が八大神社参道です。

八大神社社務所前のカメラです。

八大神社拝殿前のカメラです。

八大神社資料リンク
都名所図会」・「巻之三 左青龍再刻 八大天王 (天王社)」、「巻之三 左青龍再刻 天王社解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*