円光寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    円光寺(圓光寺)
    [円光寺(えんこうじ)は、京都市左京区一乗寺にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は瑞巌山(ずいがんさん)、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康
    十牛の庭と呼ばれる庭園には洛北で最も古いと言われる栖龍池(せいりゅうち)と水琴窟がある。秋は紅葉の名所となり、夜間ライトアップも行われていたが、2008年以降は休止となっている。
    家康の命により慶長6年(1601年)に足利学校の第9代の学頭であった閑室を招き伏見に円光寺学校を建立したことに始まる。その後、京都御所北辺の相国寺内に移る。
    さらに寛文7年(1667年)に現在地に移された。
    円光寺は学校の役割も果たし、家康から与えられた木活字を用いて、『孔子家語』(こうしけご)『貞観政要』(じょうがんせいよう、貞観参照)、『三略』などの儒学・兵法関連の書物を刊行した。これらの書物は伏見版、あるいは円光寺版と呼ばれ、そのとき使用された木製の活字が保存されている。その数は約5万個にのぼり日本最古の活字であり重要文化財となっている。
    他に本尊の千手観音像や開山像、円山応挙筆の雨竹風竹図屏風などがある。
    境内奥の山には、家康を祀った東照宮がある。
    枯山水の奔龍庭

    紅葉の十牛之庭

    書院から望む十牛之庭

    手水鉢と水琴窟

      (wikipedeia・円光寺_(京都市左京区)より)]

    瑞巌山 圓光寺公式ホームページ
    圓光寺境内図

    圓光寺 雪 京都洛北の静寂の銀世界

    円光寺資料リンク
    拾遺都名所図会」・巻之二 左青龍尾 円光寺巻之二 左青龍尾 瑞巌山円光寺 (円光寺)解説
    円光寺(拡大図)

    圓光寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ東南東方向が円光寺山門です。

    円光寺書院北庭側廊下から十牛之庭を見るカメラです。

    円光寺瑞雲閣前・紅葉の十牛之庭内のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *