乗願院(役行者堂・北白川小学校開校地の跡碑)

マーカーは乗願院です。

乗願院
[仕伏町にある浄土宗の寺院。延暦寺にゆかりの寺院であると言われ、北白川地域の菩提寺の本寺とされる。  (wikipedia・北白川より)]

乗願院の役行者と眷属・不動明王他一体
[現在の山中越えは白川通り北白川別当町から入ります。旧白川街道は一方通行になっています。今から山中越えに入るぞという曲がり角坂道にかかるところにこの寺があり、役行者のお堂が開けられています。たぶんこの辺りで都から大津へ向かう人たちはさあこれから坂道と思ったことでしょうし反対の人はいよいよ都だと思ったのではないでしょうか。  (「山中越え石仏巡り」より)]

[ここから先は比叡山と言う所に建っている北白川仕伏町 乗願院にある役行者堂。この寺の前の山中越を進んで行く。  (「山中比叡平歴史散歩 – 山中比叡平学区自治連合会」より)]

北白川小学校開校地の跡
[明治7(1874)年2月10日京都府愛宕郡白川村立白川小学校は,乗願院南側にあった毘沙門堂を借り受けて開校した。明治10(1877)年10月北白川天神宮の西側に平屋建校舎を新築して移転した。大正7(1918)年白川村は京都市に編入され,上京区第二十九学区北白川尋常高等小学校と改称。昭和16(1941)年北白川国民学校,昭和22(1947)年京都市北白川小学校と改称して今日に至る。この石標は北白川小学校の開校の地を示すものである。
所在地 左京区北白川仕伏町(乗願院前)
位置座標 北緯35度01分54.6秒/東経135度47分48.3秒(世界測地系)
建立年 1976年
建立者 北白川小学校創立百周年記念委員会
寸 法 高50×幅73×奥行20cm
碑 文
[西・横書]
北白川小学校開校の地
明治7年2月10日 この地より東南約20米毘沙門堂に於て京都府愛宕郡白川村立白川小学校開校
開校時の生徒数約30名にて明治10年10月字仕伏へ新築移転
[南]
校訂 吉村栄介
石匠 田伏茂雄
沢田虎三郎 書
[東・横書]
昭和51年10月吉日
北白川小学校創立
百周年記念委員会 建立
調 査 2002年10月9日  (「SA141 北白川小学校開校地の跡 – 京都市」より)]

乗願院 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向・乗願院山門右に役行者堂及び北白川小学校開校地の跡碑があります。