尾張藩徳川家吉田屋敷跡

マーカーは京都大学 百周年時計台記念館です。

幕末の京大キャンパス
[嘉永6年(1853)にマシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国黒船艦隊浦賀に来航したことにより、日本は激動の時代を迎えた。目前の脅威として突然現れた「異国」とどのようにつきあっていくか、また、異国船の来襲により動揺する日本をどのようにまとめていくかを決める際に、朝廷の所在した京都は、政治の中心として返り咲き、日本中からの注目を集めることとなった。
とくに、徳川家茂が将軍としては約 200 年ぶりに上洛した文久3年(1863)頃になると、諸藩が多数の藩士を京都に集結させた。京都に藩邸をもっていなかった藩だけでなく、京市中の藩邸では藩士を収容するための十分な面積を確保できないと考えた多くの藩が、市中を離れた地域にあらたな藩邸を建てることとなった。
慶応4年(1868)に描かれた京都の絵図である「改正京町御絵図細見大成」をみると、当時の京市中およびその周辺にどのような建物が並んでいたかがわかる。絵図の中で、現在の京都大学吉田キャンパスがある鴨川の東の吉田付近に目を向けると、通りをはさんで南には「尾張屋敷」(尾張藩邸)が、そして北には「土州屋敷」(土佐藩邸)が描かれる。これらの藩邸は、幕末より前の時代に描かれた絵図にはみられないため、幕末になってから建てられたものである。
2015 年に京都大学熊野構内でおこなわれた発掘調査で、幕末頃の遺構がみつかった。それは、堀状の溝を埋めて構築された瓦積の遺構である。「改正京町御絵図細見大成」には、熊野神社の南西にあたるこの地点に「阿州屋敷」、すなわち阿波徳島藩邸が描かれる。
尾張藩邸跡
尾張藩は、文久3年(1863)10 月頃に、屋敷を設けるための土地を吉田村に購入した。それ以降、主殿をはじめとする諸施設が徐々に営まれ、京都における同藩の拠点として重要な役割を担うにいたった。愛知県公文書館に架蔵される「吉田御屋敷之図」には、「三万三千三百三十三坪」と書きこまれており、尾張藩の吉田邸のひろさが確かめられる。吉田邸は、明治4年(1871)に処分されるにおよんだ。  (「-激動の幕末と京大キャンパス-」より)]

[現在の京大本部構内に教育機関が置かれた最初は、大阪から第三高等中学校(のち第三高等学校)が移転してきた 1889(明治 22)年のことであった。第三高等学校は、1897年の京大創立とともに敷地と建物を譲って南隣の地(現在の吉田南構内)に移転することになる。
 ところで、第三高等中学校より 20 年以上前、この地には徳川御三家の一つ尾張徳川家が屋敷を構えていた。幕末、政治情勢が緊迫するなか、有力諸藩は京都に大規模な藩屋敷を置くようになるが、尾張藩は 1863(文久 3)年 10 月頃に知恩寺の南側の土地を購入、広大な藩屋敷を造営した。その面積は約 3 万 3000 坪で現在の本部構内の 6 割程度、南北と西の端は本部構内とほぼ重なるが、東端は時計台の東側あたりではなかったかと推測される。  (「東大路沿いの石垣は尾張藩屋敷時代からのものか – 京都大学」より)]

 錦小路屋敷
[貞享 2 年(1685)成立の『京羽二重』巻 5・「諸大名御屋敷所付」には、「尾張中納言様」があげられ、「御用屋敷 錦小路室町西へ入町」と記されている。よって、遅くとも 17 世紀後期には、京の市街地のなかに邸宅をおいていたことが知られる。京都町奉行所が中心となって、享保 2 年(1717)のうちにおおよそ作成されたと推定されている『京都御役所向大概覚書』 1 ・「「五十一」 京都大名屋舗・拝領地幷買得屋舗之事」においては、「一、錦小路通新町東江入町 尾張殿/買得茶屋長曾名代」(斜線は改行をあらわす)というふうに書きつづられるにいたっている。文化 5 年(1808) 5 月の「天神山町絵図」に目を転じるに、それには錦小路通の北に沿って、室町通を西に入ったところに尾張藩邸が記されている。くわえて、それぞれの辺には、「表口 九間六寸」「裏行 拾七間三尺八寸」というように長さが付され、かつ「茶屋長意借家/当時尾張殿屋舗」という書き込みが認められる。尾張藩邸のひろさについては、それぞれの長さをもとに計算してみると、450 ㎡弱、135坪くらいの数値をえる。つまるところ、洛中において尾張藩は、さようにせまい屋敷しかもちえてはいなかった点が確かめられよう。
徳川慶勝は、文久 3 年(1863)正月 8 日に入京し、縁戚にあたる近衛家の河原御殿(中京区末丸町)に止宿した。その際,扈従していた藩士などは、妙顕寺(上京区妙顕寺前町)や東福寺(東山区本町15丁目)を宿所としたことが知られる。
 もちろん、それら大きな寺院に供奉の人びとが入ったのは、小さい錦小路屋敷などではとても収容しきれなかったからであろう。つまるところ、慶勝の上京を機縁にして、既設の藩邸などのせまさが問題視され、その結果、ひろい土地を買いあげて屋敷をもうけようとする方針が固まったのではなかろうか。  (「土佐藩白川邸・尾張藩吉田邸にまつわる覚書」より)]

藩邸 – 国土地理協会

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図四つ切右上に土州屋敷、尾張屋敷が描かれています。また、その下方向、御操練場下に阿州屋敷が描かれています。)

国際日本文化研究センター – 都15号 假製二万分一 京都(明治22・1889年)」(地図中央右端・知恩寺の右、後二条院天皇陵までの中間が土佐藩邸跡、知恩寺下区画の左半分が尾張藩邸跡になると思います。)

国際日本文化研究センター – 琵琶湖疎水地圖(明治23・1890年)」[地図四つ切左上・百万遍下の区画が尾張藩邸跡で、百万遍右に土佐藩邸跡になります。また、そこの下方向琵琶湖疎水幹線計画路線の閘門(夷川発電所)の周辺が徳島藩邸跡になると思います。]

カメラ北北西方向が京大正門です。