善正寺

マーカーは善正寺です。

善正寺
[善正寺(ぜんしょうじ)は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の寺院。山号は妙慧山。善正寺は、豊臣秀吉の実姉・智が豊臣秀次菩提を弔うため、嵯峨亀山に庵を結んだことに始まる。秀次は秀吉の養子になり関白にもなったが、秀吉に実子・豊臣秀頼が生まれると疎まれるようになり、ついには切腹を命じられ、秀次の妻・妾も三条河原でことごとく処刑された。この事件の後、智は出家して日秀尼と名乗り、現在の地に堂宇を建立した。日秀尼は瑞龍寺を、自らの菩提寺としていた。黒谷龍光院の西にあたる。門には「妙慧山善正寺」「豊臣秀次公、村雲門跡瑞龍寺御墓所」と札がかかる。
歴史
●1595年(文禄4年)日秀尼は豊臣秀次の菩提を弔うため、嵯峨亀山に一宇を建立する。
●1600年(慶長5年)現在の地に移転する。
●1600年(慶長5年)日秀尼は本圀寺・日鋭を招いて、善正寺を建立する。
●1624年(寛永1年)善正寺・日演は東山檀林を開檀する。
●1872年(明治5年)学制発布により、東山檀林は廃檀する。  (wikipedia・善正寺_(京都市)より)]

花洛名勝図会」・「東山之部 三 妙恵山善正寺 (善正寺)」(3-32)、「東山之部 三 善正寺解説」(3-33)
妙恵山善正寺 (善正寺)(拡大図)

善正寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が善正寺参道です。

善正寺山門(Google Map 画像)

善正寺境内・手前大師堂、右本堂(Google Map 画像)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*