大興寺(芝薬師)

マーカーは大興寺(芝薬師)です。

大興寺(芝薬師)
[本尊薬師如来坐像、十二神将像(伝運慶作)。四天王像、十一面観音像、関帝像(関羽像)。臨済宗東福寺派山号は霊芝山。1197年(建久7)、後鳥羽上皇勅願寺足利尊氏により天台宗より禅刹に改宗。応仁年間に山名宗全の本陣となり堂塔頭は焼失。天正年間に後陽成天皇、京極今出川に造営。豊臣秀吉徳川家康朱印を受け、元禄5年の大火により、官命にて神楽岡東北院の旧跡に移し、現在に至る。  (「霊芝山 大興寺 – 京都市」より)]

芝薬師資料リンク
拾遺都名所図会」 – 「巻之二 左青龍尾 芝薬師」、「巻之二 左青龍尾 芝薬師解説

花洛名勝図会」 – 「東山之部 四 芝薬師 (大興寺)」、「東山之部 四 芝薬師 (大興寺)解説
東北院・極楽寺・芝薬師(四 芝薬師 (大興寺)・拡大図)

[図会左から、東北院極楽寺・芝薬師が描かれています。]
大興寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が大興寺(芝薬師)山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*