宗忠神社

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    宗忠神社
    [宗忠神社(むねただじんじゃ)は、黒住教の教祖である黒住宗忠を祀る神社である。京都および、黒住宗忠の生地で黒住教の本部のある岡山にある。
    黒住宗忠は嘉永3年(1850年)に歿し、安永3年(1856年)に朝廷から「宗忠大明神」の神号が与えられた。文久2年(1862年)、宗忠の門人の赤木忠春らが、吉田神社より社地の一部を譲り受けて宗忠を祀る神社を創建した。慶応元年(1865年)には朝廷の勅願所とされ、皇室公家から篤い崇敬を受けた。明治時代には県社に列格した。岡山の宗忠神社との区別のため、鎮座地名から「神楽岡宗忠神社」とも呼ばれる。流造の本殿は明治45年(1912年)に改築されたものである。本殿の北には、二条家より遷された天照大神を祀る神明宮がある。他に、白山比咩大神を祀る白山社、赤木忠春(赤木忠春神)を祀る忠春社がある。
    鳥居・wikipedia-photo  (wikipedia・宗忠神社より)]

    宗忠神社ホームページ」- 「境内案内
    宗忠神社境内図(説明リンクには上記「境内案内」から)

    宗忠神社と竹中稲荷社の桜・2015年 | 京都観光旅行のあれこれ

    備前焼 逆立ち狛犬(宗忠神社) – Google Map 画像リンク」、「宗忠神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ西北西方向が宗忠神社参道です。

    宗忠神社参道・桜のカメラです。

    宗忠神社社務所前のカメラで、カメラ北北西方向が拝殿、東北東方向に手水舎があります。

    拝殿前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *