常林寺

マーカーは常林寺です。

常林寺
[常林寺(じょうりんじ)は、京都市左京区にある浄土宗の寺院で山号は光明山、院号は摂取院。
天正元年(1573年)二月十五日、念仏専修僧魯道によって、寺町通荒神口東入る南側に豊臣秀吉の都市政策によって割り当てられた寺地に建立された。
江戸時代には知恩院の役番として活躍した。
寛文11年(1671年)正月十五日、梨木町から発した火によって焼失。同年八月二十九日に現在地へ移転。
元禄11年(1698年)に第7世英譽によって再建。
●世継子育地蔵尊 – 嘉永7年(1854年、31世省譽祐禅代)建立
伝えによると、この地蔵尊は年歴久しく、常林寺が建つ以前からこの地に祀られ、広く遠国にまで霊験が知られていた。近世以降は、寺の門前から若狭街道を往還する人々に親しまれ、鞍馬寺への途次に詣でる善男善女も多く、香煙が絶えなかったといわれる。  (wikipedia・常林寺_(京都市)より)]

萩の寺・常林寺にて。 – 風の小径 – kazenokomichi

常林寺 – Google Map 画像リンク

常林寺山門前のストリートビューです。

常林寺山門内のストリートビューです。

常林寺本堂前のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*