延暦寺(西塔・青龍寺)

マーカーは青龍寺です。

関連リンク
延暦寺(東塔・無動寺)延暦寺(東塔・文殊楼)延暦寺(東塔・根本中堂)延暦寺(東塔・大講堂鐘楼)延暦寺(東塔・大講堂)延暦寺(東塔・戒壇院)延暦寺(東塔・阿弥陀堂鐘楼)延暦寺(東塔・阿弥陀堂)延暦寺(東塔・法華総持院東塔)延暦寺(東塔・浄土院)延暦寺(西塔・常行堂、法華堂)延暦寺(西塔・転法輪堂)延暦寺(西塔・瑠璃堂)延暦寺(横川中堂)延暦寺(横川・元三大師堂)延暦寺(横川・鐘楼)

延暦寺(西塔・青龍寺)
[青龍寺(せいりゅうじ)は、滋賀県大津市の郊外、比叡山西塔北の谷にある寺院である。黒谷青龍寺ともいう。法然上人二十五霊場の特別霊場。大黒天出現の地という伝承から、大黒天を安置し、大黒谷と呼ばれていたのが黒谷となったという。京都金戒光明寺の地を黒谷というようになったことから、元黒谷といわれている。天台宗であるが、浄土宗総本山の知恩院が管理を行っている。
比叡山延暦寺は東塔、西塔、横川(よかわ)の3地区に分かれ、それぞれがさらに「○○谷」と称される小地区に分かれる。これらを総称して「三塔十六谷」というが、これらとは別に、「三塔十六谷」に含まれない「別所」が2か所(黒谷、安楽谷)ある。青龍寺はこのうちの黒谷別所に位置する。黒谷は西塔の釈迦堂から北に約1.5㎞離れた山中である。青龍寺の位置は京都府・滋賀県境にまたがる比叡山の京都市側にあり、行政区分のうえでは京都市左京区八瀬秋元町に位置するが、住所の表示は延暦寺と同じく「滋賀県大津市坂本本町4220」となっている。
開基は天台座主良源(慈恵大師、通称元三大師)と伝える。久安6年(1150年)法然が18歳のとき、青龍寺の叡空の門に入った。叡空は彼を「法然房源空」と名づけた。法然は承安5年(1175年)43歳のとき浄土宗開宗に至るまで、そこを経典の探求の地とした。織田信長比叡山焼き討ち元亀2年(1571年)により、法然房の建物は燒失した。当時法然の墓もあったという。現在ここには一切経を納める報恩蔵がある。この霊蹟は比叡山延暦寺の好意で、浄土宗総本山知恩院が、昭和42年(1967年)青少年修練道場として再興した。若い世代に念仏信仰を伝えている。  (wikipedia・青龍寺_(大津市坂本)より)]

特別霊場 比叡山黒谷 青龍寺|法然上人二十五霊場

青龍寺 – Google Map 画像リンク

青龍寺山門(Google Map 画像)

青龍寺本堂(Google Map 画像)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*