徳島藩蜂須賀家岡崎屋敷跡

マーカーは京都大学 熊野寮です。

幕末の京大キャンパス
[嘉永6年(1853)にマシュー・ペリー率いるアメリカ合衆国黒船艦隊浦賀に来航したことにより、日本は激動の時代を迎えた。目前の脅威として突然現れた「異国」とどのようにつきあっていくか、また、異国船の来襲により動揺する日本をどのようにまとめていくかを決める際に、朝廷の所在した京都は、政治の中心として返り咲き、日本中からの注目を集めることとなった。
とくに、徳川家茂が将軍としては約 200 年ぶりに上洛した文久3年(1863)頃になると、諸藩が多数の藩士を京都に集結させた。京都に藩邸をもっていなかった藩だけでなく、京市中の藩邸では藩士を収容するための十分な面積を確保できないと考えた多くの藩が、市中を離れた地域にあらたな藩邸を建てることとなった。
慶応4年(1868)に描かれた京都の絵図である「改正京町御絵図細見大成」をみると、当時の京市中およびその周辺にどのような建物が並んでいたかがわかる。絵図の中で、現在の京都大学吉田キャンパスがある鴨川の東の吉田付近に目を向けると、通りをはさんで南には「尾張屋敷」(尾張藩邸)が、そして北には「土州屋敷」(土佐藩邸)が描かれる。これらの藩邸は、幕末より前の時代に描かれた絵図にはみられないため、幕末になってから建てられたものである。
推定徳島藩邸跡
2015 年に京都大学熊野構内でおこなわれた発掘調査で、幕末頃の遺構がみつかった。それは、堀状の溝を埋めて構築された瓦積の遺構である。「改正京町御絵図細見大成」には、熊野神社の南西にあたるこの地点に「阿州屋敷」、すなわち阿波徳島藩邸が描かれる。  (「-激動の幕末と京大キャンパス-」より)]

[幕末の徳島藩13代藩主蜂須賀斉裕は11代将軍・徳川家斉の二十二男で徳川将軍家の一族であったが、公武合体を目指して京都などに家臣を積極的に送り込んでいる。しかし、洲本城代の稲田邦植(蜂須賀家の筆頭家老)をはじめとする家臣団の多くから公武合体に対して批判的な意見が多く、藩論を統一することができなかった。幕末において徳島藩が名を残すことができなかったのも、藩論統一が成されなかったためと言われている。
慶応4年(1868年)1月3日危篤に陥り、1月6日(鳥羽・伏見の戦い中)、48歳で急死し、跡を次男の茂韶が継いだ。
勤皇にして佐幕」「開国派にして攘夷論者」の立場のあいまいさが、斉裕を「御内鬱」と記されるような精神状況に追い込み、英明であるが故に精神的な鬱積を酒でまぎらわせ、結果的にアルコール中毒症を患った。大名の臨終が細かく記録されていることは珍しい。  (wikipedia・蜂須賀斉裕より)
斉裕の危篤から死去が鳥羽・伏見の戦いの最中であったことから、藩内は大混乱をきたした。その後の戊辰戦争では新政府側に与して奥羽にも兵を送ったが、相次ぐ藩内の混乱のため、新式のイギリス軍備を導入していたにもかかわらず少数の藩兵しか送れず、諸藩からの冷評を受けたとまで言われている。  (wikipedia・蜂須賀茂韶より)]

[阿波藩は阿波名東部に置かれた藩で、徳島藩ともいう。
京屋敷は寛永期(1624~44)松原通新町東入北側にあった。
その後、高辻通西洞院西入、四条通室町西入町に移り、祇園会の際、町内に寄付金を出すなど町人とも交流した。
幕末には二条川東の地にも邸を構え、阿波藍の販売など豊かな経済力を基盤として、朝幕間の政治にも大きな影響力をもった。  (「京都辞典」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 文久改正新増細見京絵図大全」(文久3 [1863] – 絵図四つ切右上、鴨川右に阿州ヤシキが描かれています。また、絵図中央、四条通烏丸西入にも阿波と記述され屋敷地が描かれています。)

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(成立西暦・1868年)」(絵図四つ切右上に土州屋敷、尾張屋敷が描かれ、その下方向祖御操練場下に阿州屋敷が描かれています。)

国際日本文化研究センター – 都15号 假製二万分一 京都(明治22・1889年)」(地図中央右端・知恩寺の右、後二条院天皇陵までの中間が土佐藩邸跡、知恩寺下区画の左半分が尾張藩邸跡になり、御苑右下方向、寺町の左上の白地区画が土佐藩邸跡になると思います。)

国際日本文化研究センター – 琵琶湖疎水地圖(明治23・1890年)」[地図四つ切左上・百万遍下の区画が尾張藩邸跡で、百万遍右に土佐藩邸跡になります。また、そこの下方向琵琶湖疎水幹線計画路線の閘門(夷川発電所)の周辺が徳島藩邸跡になると思います。]

カメラ南方向が徳島藩岡崎邸跡の一部があるとされる京都大学 熊野寮正門です。