栖賢寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    栖賢寺
    [栖賢寺(せいけんじ)は京都市左京区上高野にある臨済宗の仏教寺院。
    歴史
    ●『摂津名所図会』に「尼崎寺町にあり。禅院十刹のその一なり。秀吉公山崎合戦の時、勝利ありて、諸侯を饗したまふ所なり。腰掛松 当寺にあり。秀吉公、この松に腰をかけられて、山崎合戦の軍令を定めたまふ古跡なり」とある摂津国の禅院十刹の一つ。
    ●『尼崎志』には康永年間(1342~1345)竺堂開基、のち兵火に衰退するが廣徳寺とともに笑嶺宗訴中興とある。また、栖賢寺は本寺大徳寺と同じく赤松氏の建立になるものとしている。中世には大物町にあったが、近世になって尼崎城築城にともない元和年間(1615年~1624年)に寺町に移転。近代になり無住となり荒廃。
    ●昭和7年(1932年)に兵庫県尼崎市寺町から京都市左京区の現在地に移転再建された。
    堂宇本堂(如意輪堂)・金鳳閣・隠寮・庫裏土蔵鐘楼等。梵鐘「千人鐘」は昭和6年(1931年)鋳造の千百余人の結縁合力による。
    栖賢寺・wikipedia-photo  (wikipedia・栖賢寺より)]

    栖賢寺ホームページ

    栖賢寺、知る人ぞ知る素敵なお寺です。 – 土曜日は古寺を歩こう。

    栖賢寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向小路が栖賢寺参道です。

    栖賢寺参道(Google Map 画像)

    栖賢寺山門(Google Map 画像)

    栖賢寺本堂(Google Map 画像)

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *