檀王法林寺

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    檀王法林寺
    [檀王法林寺(だんのうほうりんじ)は京都市左京区川端通三条にある浄土宗の寺院である。正式な山号院号寺名は 朝陽山 栴檀王院 無上法林寺 であるが、人徳厚かった第2世住持の団王良仙(だんのうりょうせん)を人々が親しみを込めて「だんのうさん」と呼んだ事から、当寺の呼称も檀王法林寺として定着した。琉球王国より帰国後、袋中が創建した浄土寺院の1つ。
    悟真寺の故地である洛東三条に袋中良定が新しく草創した浄土寺院が栴檀王院 無上法林寺(せんだんのういん むじょうほうりんじ)である。この寺名は「栴檀香木の法の林に入る者は、悉く芳香に薫じられて道信者となり、菩提の種を成就する」と言う願いを込め付けられた。元和5年(1619年)袋中は『法林寺什物帳』を作成し、これを住持第2世の團王良仙へ引継いで法林寺を譲り、自身は東山菊ケ谷(現在の京都府京都市東山区鷲尾町付近)に小庵を結んで隠棲した。 『法林寺什物帳』の記載によれば、この時、堂舎として仏前・方丈庫裏があったことが確認できる。翌元和6年(1620年)に入院した團王良仙は人徳厚く、袋中以上に町衆信者との交流を深めたことから、親しみを込めて「だんのうさん」と呼ばれた。これが檀王法林寺の名の由来となっている。寛永13年(1636年)團王は、若き日の袋中も修行した下野国大澤の関東名越派本山円通寺に住持として招聘された。團王は当寺を去るにあたり、『法林寺什物帳』を住持第3世の貞龍良聖に引き継いでいる。この時、『法林寺什物帳』に「第二之什物」として追記された内容により、堂舎として仏殿本堂)・客殿(方丈)・土蔵・庫裏があったことが確認でき、團王時代の拡張の様子が窺える。寛永14年(1637年)に円通寺で團王が、寛永16年(1639年)に西方寺で袋中が相次いで入滅すると、道信者の受教により袋中・團王の墓碑銘を刻んだ石塔と、それを安置する御廟が境内北東に建立された。寛永20年(1643年)檀越の笹屋久甫により本堂西隣に御影堂が建立され、本尊脇壇にあった袋中坐像が安置された。寛文6年(1666年)住持第6世の團空良什が没すると、その隠居所である良什院は弟子の心哲に引き継がれ塔頭となった。さらに同年、袋中の弟子である良覚林西により寺内塔頭として清光院が創建され、先の利見院と併せ当寺は3塔頭を有する一山寺院としての寺格を持つに至った。また、この年、霊元天皇令により加茂川龍神が当寺に勧請されている。延宝5年(1677年)には本堂と御影堂の間に大仏殿が建立された。天和2年(1682年)幼少より袋中に近仕し、後に『飯岡西方寺開山記』を著した住持第8世の東暉良閑が没し、開山依頼続いて来た袋中とその直弟子による時代は終わりを告げ、新たな師嗣関係による歴代相承が始まった。
    明和3年(1766年)には主夜神尊に信仰の厚かった有栖川音仁親王の寄進により薬医門(現在の川端門)が建立された。
    こうして團王上人以後も発展してきた当寺であったが、安政2年(1855年)住持第19世の貫誉趙雲は相続すべき弟子に恵まれず没し、開山袋中より続いてきた師資相承の伝統は潰えてしまった。おりしも時代は幕末を迎え、当寺もその激流に呑まれていくこととなる。慶応4年(1868年)に出された神仏判然令は、やがて廃仏毀釈という大きな運動となり各地で寺院・仏像・仏具・経典などの破壊がおこなわれたが、当寺においても住持第21世の笑誉弁順がこの風潮の中で還俗し、百姓となってしまった。明治維新の混乱により寺勢の衰えてしまった当寺を再興するため、明治10年(1877年)飛騨高山の大雄寺より住持第22世として信ヶ原譲誉(譲誉玄亮)が招聘された。譲誉は檀信徒に協力を呼びかけると共に出身の大雄寺の法類にまで助力を願い出て、当寺が抱えていた借財を返済することに成功する。明治維新で衰微した当寺を復興した譲誉は、現在、後中興とされている。
    三条門(明治21年(1888年)奥に見える二層楼門と共に建立された。この門前は京都市営バスの「三条京阪前」バス停。)

    川端門(明和3年(1766年)有栖川音仁親王の寄進により建立された。このため瓦には菊の御紋が入っている。京都市指定有形文化財。)

    檀王法林寺本堂

      (wikipdia・檀王法林寺より)]

    檀王法林寺ホームページ」-「境内案内
    檀王法林寺(詳細リンクへは上記「境内案内」から)

    檀王法林寺 – Google Map 画像リンク

    カメラ北方向が檀王法林寺三条門です。

    カメラ東方向が檀王法林寺川端門です。

    檀王法林寺本堂前のカメラです。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *